交通事故事件は弁護士に依頼すると得をする?交通事故に強い弁護士の見分け方・探し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Fotolia_80234464_XS

交通事故に遭われてしまった方の中には、自分に代わって交渉や面倒な手続き等を弁護士に依頼したいとお考えの方もいらっしゃいますよね。

ですが、「とりあえず弁護士なら誰でもいい」などというわけではなく、依頼するとしたら交通事故の分野に精通した弁護士に依頼したいと考えるのではないでしょうか。

そこで今回は主に交通事故を得意としている弁護士の見分け方・探し方についてご説明させていただきます。
ご参考になれば幸いです。

1.交通事故を得意とする弁護士の見分け方

一口に弁護士といっても、扱う分野は様々なので、弁護士全員が交通事故に強いわけではありません。
そこで以下では、交通事故に強い弁護士を見分けるポイントについてご説明いたします。

(1)経験・実績

弁護士全員が交通事故の分野に精通しているわけではありません。
弁護士によっても得意不得意があるのです。

ですので、各弁護士の交通事故の経験や実勢があるかどうかが大きな点です。
交通事故の分野は特に、医学的な所見に関して詳しく知っていることが必要な専門性が高い分野です。

近頃は、HP(ホームページ)に交通事故の実績を掲載している弁護士事務所も多いです。

(2)説明の分かりやすさ

素人に対してわかりやすく説明ができる弁護士が良いでしょう。
専門用語を並べるだけの弁護士では、信頼関係を結ぶことはできませんし、丁寧な仕事をしてくれるのか不安になります。

(3)質問への答え方

質問をした時に、素早く的確な答えが返ってくる弁護士は交通事故に精通しています。

(4)交渉力

交渉する相手が大企業の場合は、相手が弁護士になります。
交通事故は、交渉の相手方が大企業(保険会社)であったりする場合には、その大企業が依頼した弁護士が交渉相手になります。

ですので、依頼をする際は交渉力を持った妥協しない弁護士かどうかが重要です。

2.交通事故を得意とする弁護士事務所の探し方

実際に弁護士を探すとしたらどのような方法があるのでしょうか。

(1)親族や友人等に紹介してもらう

一般的な方法として、親族や知人に紹介をしてもらう方法があります。

(2)インターネットで弁護士事務所のホームページを検索する

インターネットで弁護士を探すことも可能です。
検索するときに「交通事故 弁護士」などのキーワードで検索された弁護士事務所を確認してみましょう。

(3)弁護士検索サイトを利用する

最近は「弁護士ドットコム」など、多くの弁護士が登録する弁護士検索サイトが多数存在しています。

サイトでは、各弁護士が自己の得意分野を紹介しています。
その中から、交通事故を得意分野としている弁護士を探す方法もあります。

3.弁護士に依頼した場合のメリット

下記のメリットがあります。

(1)面倒事からの解放

交通事故に被害に遭った場合は、相手方や保険会社に対して、慰謝料請求をします。
その請求内容は、物損であったり、怪我の治療費であったり、入通院の慰謝料など、様々です。

もし、怪我により後遺症が残ってしまった場合には、自賠責保険会社に後遺障害等級の認定を申請した上で、後遺症慰謝料を請求しなければなりません。

入院や通院、仕事などをこなしながら書類の作成とやり取りをしなくてはいけません。
さらに、相手が専門家だった場合はこちらの意見をあまり聞いてくれません。

ですので、一人で交通事故を解決するのはとても負担が大きいので、困難を伴います。
そこで、弁護士に依頼をすると大変な手続をほぼ全て代行してくれます。

また、弁護士が間に入ると相手の態度が変わることが多く、早い段階での解決も見込めます。
また、示談交渉で解決が困難な場合には訴訟を提起することも可能になります。

(2)損害賠償額の増額

完全な被害事故でない限り、保険会社が代行してくれます。
ですが、弁護士が入ることで賠償額の増額が期待できます。

交通事故の慰謝料には下記の3つがあります。

①自賠責基準

法律上の強制保険である自賠責保険の支払基準です。

②任意保険基準

各損害保険会社が保険金支払いのために用いる内部基準です。

③裁判基準

これまでの交通事故裁判例の蓄積によって作成された基準です。

上記3つは①〜③の順に高くなります。

4.弁護士に依頼した場合のデメリット(弁護士費用)

弁護士に依頼した場合のデメリットとしては、弁護士費用がかかることです。

(1)任意保険に弁護士特約がある場合

基本的に任意保険には、「弁護士特約」が付いています。

「弁護士費用特約」とは、交通事故に遭った時に必要になった弁護士費用を最大300万円まで負担してくれます。

そのため、弁護士特約がある場合には、基本的には費用負担を心配せずに弁護士に依頼できるので、弁護士に依頼するデメリットはないと言えるでしょう。

(2)弁護士特約がない場合

自費で弁護士に依頼する必要があります。
費用に関しては、弁護士会の旧報酬規程が、参考になります。

経済的利益 着手金 報酬金
300万円以下の部分 8% 16%
300万円~3000万円の部分 5% 10%
3000万円~3億円の部分 3% 6%
3億円を超える部分 2% 4%

ただし、現在は料金体系が自由化されています。
近頃は、着手金が無料で完全成功報酬型が増えています。

  • 着手金 0円
  • 報酬金 経済的利益の10%+20万円

上記の基準であれば、自ら金銭を弁護士に支払うことが基本的にありません。

5.弁護士に相談する前に準備しておきたいもの

弁護士に相談する際には、以下の物を可能な限り準備しておくとより充実した相談が可能となります。

(1)事故状況に関する資料

交通事故証明書、事故状況を示す図面(道路状況、加害・被害車両の位置、事故の場所、日時、天候等)、現場・物損等の写真等

(2)怪我に関する資料

診断書、後遺障害診断書 、治療費明細書(入通院日数、治療費、通院費のメモなど)等

(3)収入関係の資料

事故前の収入を証明するもの(給料明細書、休業損害証明書、源泉徴収票・確定申告書の写し等)

(4)交渉過程の資料

相手方からの提出書類、示談交渉の経過メモ、加害者の任意保険の有無と種類、担当者の情報等

(5)その他

差額ベッド代、付添日数・費用、修理費、家屋改修費、有給休暇日数等

6.弁護士に相談する際に必ず聞くべき事柄

もちろん事案によって弁護士に相談する際に聞くべき内容は異なるが、一般的には以下で述べるような事柄については必ず弁護士に聞くようにしたいです。

(1)今後の手続きの流れや手続きに要する期間

交通事故問題の解決には依頼者の予想以上に手続き終了までに時間がかかるということがよくあります。
そのため、事前に手続きの流れやおおよその期間については確認しておいた方が良いでしょう。

(2)弁護士費用について

弁護士費用については上述のように弁護士特約が付いている場合には大きな問題にはなりません。

ですが、弁護士との間で必ず取り交わす委任契約書の内容をよく読み、不明な点がないよう弁護士に確認しておくようにしたいです。

(3)依頼するメリット

交通事故と言っても、規模は様々であり、争点も事案によって異なるので、ご自身の案件が弁護士に依頼することでメリットが得られるのかどうかについて相談する弁護士に確認すると良いでしょう。

まとめ

今回は、弁護士の見分け方と探し方に関してご説明致しました。
今回の話が交通事故に遭われてしまって弁護士に依頼すべきかどうか悩まれている方の参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Twitter・RSSでもご購読できます。