交通事故事件は弁護士に依頼すると得をする?交通事故に強い弁護士の見分け方・探し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Fotolia_80234464_XS

交通事故に遭われてしまった方の中には、手続きや交渉を弁護士に依頼したいと考えている方もいらっしゃるでしょう。
しかし、依頼するとしても、弁護士であれば誰でもいいというわけではなく、交通事故分野を得意として積極的に取り組んでいる弁護士に依頼したいと考えるのではないでしょうか。

そこで今回は主に交通事故を得意としている弁護士の見分け方・探し方についてご説明させていただきます。
ご参考になれば幸いです。

1、交通事故を得意とする弁護士の見分け方

一口に弁護士といっても、扱う分野は様々なので、弁護士全員が交通事故に強いわけではありません。
そこで以下では、交通事故に強い弁護士を見分けるポイントについてご説明いたします。

(1)経験・実績

弁護士にもそれぞれに得意分野があり、そこでの経験・実績は大きなポイントになります。
特に交通事故は、医学的な所見について通じている必要があるなど、専門性が高い分野です。

最近では専門分野の実績をホームページに掲載している弁護士事務所も多いです。
交通事故を全面に押し出していれば、その事務所は経験や実績を伴っている可能性が高いです。
一方で、単に取扱い案件としているだけであれば、それ程交通事故を扱っていない可能性があります。

これら経験・実績がどのくらいあるかは、まずはホームページを確認してみるようにしたいです。

(2)説明の分かりやすさ

実際に弁護士に相談する際には、その弁護士の説明が分かりやすいかどうかをチェックしたいです。
専門用語をそのまま羅列して法律の素人である一般の人を煙に巻くような弁護士では、信頼関係などは築けませんし、丁寧な仕事をしてくれるのか、不安があります。

(3)質問への答え方

また、相談時は、質問への回答もきちんと見るようにしたいです。
弁護士が質問に素早く、そして的確に答えられるのであれば、交通事故事件についての知識や経験の裏付けになるからです。

(4)交渉力

交通事故は、交渉の相手方が大企業(保険会社)であったりする場合には、その大企業が依頼した弁護士が交渉相手になります。

依頼するならば、安易に妥協しない、交渉力を持った弁護士が良いです。
そのため、相談時にはその弁護士が頼れる雰囲気かどうかを確認したいです。

2、交通事故を得意とする弁護士事務所の探し方

では、交通事故を得意とする弁護士はどのように探せば良いでしょうか。

(1)親族や友人等に紹介してもらう

まずは、実際に弁護士を知っている親族や友人などにその弁護士が所属している弁護士事務所を紹介してもらうという方法があります。

(2)インターネットで弁護士事務所のホームページを検索する

インターネットを使える環境にある人は、交通事故に関して詳しく情報が載っているホームページを持っている弁護士事務所を探すのも一つの方法です。
インターネットで交通事故に関する事項を検索(例えば、「交通事故 弁護士」など)して、表示された弁護士事務所のホームページを確認してみると良いでしょう。

(3)弁護士検索サイトを利用する

現在、「弁護士ドットコム」など、多くの弁護士が登録する弁護士検索サイトがいくつか存在しています。
そこでは、各弁護士が自己の得意分野を紹介しているので、交通事故を得意分野として挙げている弁護士が所属する弁護士事務所を探すのも一つの方法です。

3、弁護士に依頼した場合のメリット

弁護士に依頼した場合には、以下のようなメリットが得られます。

(1)面倒事からの解放

もしも交通事故被害に遭ってしまった場合には、相手方(またはその保険会社)に対して、損害賠償請求をすることになります。
その請求内容は、物損であったり、怪我の治療費であったり、入通院の慰謝料など、様々です。
もし、怪我により後遺症が残ってしまった場合には、自賠責保険会社に後遺障害等級の認定を申請した上で、後遺症慰謝料を請求しなければなりません。

しかし、治療を受けたり、仕事をしたりする中で、場合によっては今までに見たこともないような書類のやり取りなどをするには、かなりの煩わしさを感じるはずです。
また、相手方や保険会社などが専門家であった場合には、中々こちらの意見を聞き入れてくれないことも多いです。
そのため、本人のみで交通事故を解決するのは、物理的にも、精神的にも、大きな困難を伴うことになります。

これに対して弁護士に依頼すれば、煩わしい手続をほとんど全て代わりに行ってもらえます。
弁護士が入ることによって相手方の態度が変わることも多く、早期の解決も期待できます。
また、示談交渉で解決が困難な場合には訴訟を提起することも可能になります。

(2)損害賠償額の増額

「示談代行」というだけであれば、完全な被害事故でない限り、任意保険会社が行ってくれます。
しかし、保険会社同士でのやり取りで終わらせるよりも、弁護士が入ることで賠償額の増額が期待できます。

交通事故によって発生する賠償のうち、慰謝料には、①自賠責基準、②任意保険基準、③裁判基準の3つがあります。
①自賠責基準とは、法律上の強制保険である自賠責保険の支払基準であり、②任意保険基準とは、各損害保険会社が保険金支払いのために用いる内部基準であり、③裁判基準とは、これまでの交通事故裁判例の蓄積によって作成された基準です。
この3つの基準における賠償額は、①から③の順に高くなると言われています。

そして、保険会社同士のやり取りとなった場合には、自賠責基準または任意保険基準で解決されてしまうことが多いです。

他方、弁護士が介入すれば、保険会社はおおよそ、裁判基準に合わせた慰謝料額を提示することになります。
そのため、交通事故は、弁護士が介入することによって賠償額の増額が期待できるのです。

4、弁護士に依頼した場合のデメリット(弁護士費用)

弁護士に依頼した場合のデメリットとしては、弁護士費用がかかることです。

(1)任意保険に弁護士特約がある場合

多くの任意保険には、「弁護士特約」が付帯されています。
これは、交通事故被害に遭った場合の弁護士費用を一定額(多くは1回300万円)まで補償してくれる、というものです。
そのため、弁護士特約がある場合には、基本的には費用負担を心配せずに弁護士に依頼できるので、弁護士に依頼するデメリットはないと言えるでしょう。

なお、保険会社から弁護士を紹介してくれる場合もあるため、特約がある場合には、相談してみると良いでしょう。

(2)弁護士特約がない場合

弁護士特約がない場合には、自費で弁護士を依頼しなければなりません。

弁護士費用は弁護士事務所によって異なるが、現在は公には用いられなくなった弁護士会の旧報酬規程が、一応の参考になります(現在でも基準として利用する事務所が多いため)。

経済的利益 着手金 報酬金
300万円以下の部分 8% 16%
300万円~3000万円の部分 5% 10%
3000万円~3億円の部分 3% 6%
3億円を超える部分 2% 4%

ただし、現在では弁護士の料金体系は自由化されているため、弁護士によって、上記報酬規程より安いこともあれば、高いこともあります。
もっとも、最近では、着手金無料で完全成功報酬型としている事務所もあります。
具体的には以下のような報酬体系が相場と言えるでしょう。

  • 着手金 0円
  • 報酬金 経済的利益の10%+20万円

このような基準を設けている弁護士事務所では、依頼者が自らお金を用意して弁護士に支払うことは基本的にありません。
そのため、依頼しやすい報酬の体系と言ってよいでしょう。

いずれにせよ、まずは見積もりも含めて一度弁護士に相談すると良いでしょう。

5、弁護士に相談する前に準備しておきたいもの

弁護士に相談する際には、以下の物を可能な限り準備しておくとより充実した相談が可能となります。

(1)事故状況に関する資料

交通事故証明書、事故状況を示す図面(道路状況、加害・被害車両の位置、事故の場所、日時、天候等)、現場・物損等の写真等

(2)怪我に関する資料

診断書、後遺障害診断書 、治療費明細書(入通院日数、治療費、通院費のメモなど)等

(3)収入関係の資料

事故前の収入を証明するもの(給料明細書、休業損害証明書、源泉徴収票・確定申告書の写し等)

(4)交渉過程の資料

相手方からの提出書類、示談交渉の経過メモ、加害者の任意保険の有無と種類、担当者の情報等

(5)その他

差額ベッド代、付添日数・費用、修理費、家屋改修費、有給休暇日数等

6、弁護士に相談する際に必ず聞くべき事柄

もちろん事案によって弁護士に相談する際に聞くべき内容は異なるが、一般的には以下で述べるような事柄については必ず弁護士に聞くようにしたいです。

(1)今後の手続きの流れや手続きに要する期間

交通事故問題の解決には依頼者の予想以上に手続き終了までに時間がかかるということがよくあります。
そのため、事前に手続きの流れやおおよその期間については確認しておいた方が良いでしょう。

(2)弁護士費用について

弁護士費用については上述のように弁護士特約が付いている場合には大きな問題にはなりません。
しかし、弁護士特約が付いていない場合には自費で弁護士費用を支払う必要があるため、弁護士との間で必ず取り交わす委任契約書の内容をよく読み、不明な点がないよう弁護士に確認しておくようにしたいです。

(3)依頼するメリット

交通事故と言っても、規模は様々であり、争点も事案によって異なるので、ご自身の案件が弁護士に依頼することでメリットが得られるのかどうかについて相談する弁護士に確認すると良いでしょう。

まとめ

今回は、交通事故を得意とする弁護士の見分け方・探し方について説明したがいかがだったでしょうか。
今回の話が交通事故に遭われてしまって弁護士に依頼すべきかどうか悩まれている方の参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Twitter・RSSでもご購読できます。