交通事故の点数計算の方法は?反則金や罰金との違いも解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

交通事故を起こしてしまうとどのくらいの点数がつけられるのだろう

何点でどんなペナルティがあるのだろう・・・

この記事をお読みの方にはそのようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

交通事故を起こしてしまったら、点数がつけられていきます。

点数がたまると、免許停止にされたり、場合によっては免許停止されてしまうこともあります。

この免許の「点数」はいったいどのような仕組みになっているのでしょうか。

点数の計算方法や、どのくらいの点数が溜まったらどのような処分になるのかも知っておく必要があります。

これらの交通事故の点数や反則金、罰金の制度は非常に複雑でややこしくなっているのでなかなか理解が難しいところですが、正しく理解しておくと運転をする際に安心です。

そこで今回は、交通事故の点数計算方法や反則金、罰金との違いについてご説明いたしました。

1.交通事故や交通違反の点数とは

交通事故を起こしたり、交通違反を犯すと免許に点数が加算されていきます。
この場合の点数とはどのようなものなのでしょうか。

(1)点数とは

「交通違反」や「交通事故」の場合に点数が加算され、点数が累積すると「運転免許」に関する行政罰を受ける制度のことです。

基本的に、点数制度は免許の停止や取り消しなどに関する行政処分に関するものであり、罰金などの刑事罰に関するものではありません。
点数は反則金とも直接の関係はありません。

行政処分とは、免許の取り扱いなどに関する行政による処分のことであり、刑事罰とは、裁判所によって罰金などが科される処分のことです。

反則金は刑事罰ではありませんが刑事罰に関する処分です。
点数の問題は、上記のうち、免許の取り扱いについての行政処分に関する問題です。

ただ、重大な交通違反がある場合や重大な事故を起こした場合には、行政処分だけではなく刑事罰も問題になります。

刑事罰が適用されるような重大な交通違反や交通事故を起こした場合には、点数が加算されると同時に刑事罰を可能性も出てくるということです。

(2)点数の4種類

点数には、以下の4種類があります。

1つ目は、一般違反行為につけられる基礎点数です。
これは、信号無視や放置駐車違反等の道路交通法違反があった場合に加算されます。

2つ目は特定違反行為につけられる基礎点数です。
これは、酒酔い運転・ひき逃げ等の重大な道路交通違反があった場合に加算されます。

3つ目は人身損害のある交通事故を起こした場合の付加点数です。

4つ目は、あて逃げ事故を起こした場合の付加点数です。

運転免許の点数を考える場合には、この4種類の点数が問題になります。

2.点数は加算されていく

点数について、まず抑えておかなければならないことは点数は「累積方式」であることです。
累積方式とは、点数計算は加算方式であるということです。

違反があるたびに、その違反内容によって一定の点数が加算されていき、その点数が一定の数値になると免許の停止や取り消しが行われるのです。

この累積方式の逆の考え方が減点方式です。
減点方式では、もともとの点数があり、そこから違反があるたびに減点していく方法のことです。

「日本は累積方式ですので、免許を取得したときは、点数は0点」です。

3.点数の加算期間

点数は、交通違反や交通事故があった場合に加算されていきますが、その場合、一生の間加算され続けるわけではなく「加算期間」が存在します。

点数計算期間は基本的に「3年」に設定されています。
違反や事故の時に問題になる点数は「違反」や「事故」の日から起算して「過去3年以内」の点数だからです。

また、以下の場合には点数がリセットされて、それ以前の交通違反や交通事故の点数が加算されなくなります。

  • 無事故かつ無違反で、1年間が経過した場合。
  • いったん免許を取消されたり停止されたけれども、その後は無事故かつ無違反でその処分の期間(取り消しや停止)がおわったとき。
  • 軽微な交通違反があった場合(3点以下)には、それ以前の2年間には交通違反をしていないことと、さらにその違反した後3ヶ月間、別の交通違反をしなければ点数がリセットされます。(上記の期間を計算するとき、運転免許が停止されている期間や運転免許が有効切れになっている期間を含めることはできません)
  • 軽微な交通違反の行為(1点から3点)が何度かあったため、点数が累積されて6点になってしまった場合には、違反者のための講習を受講すると点数がリセットされます。ただし、交通事故の場合は1回で6点となった場合も同じです。

4.どのような行為にどのような点数がつくか

点数計算の概要は以上のとおりですが、具体的にどのような行為がある場合にどのくらいの点数がつくのでしょうか。

以下では、具体的な点数が加算される場合について見てみましょう。

(1)道路交通法違反があると点数加算される

運転免許の点数が加算されるのは、道路交通法違反の行為があった場合です。
そして、どのような交通違反があった場合にどれくらいの点数が加算されるかについては、各違反行為によって細かく定められています。

例えば、「お酒を飲んでの運転や無免許運転などの場合、非常に重い処分になり、35点や25点など大きく加算」されます。

これに対して、信号無視の場合には2点の加算になります。
このように、交通違反の場合の点数は、それぞれの行為の内容によって大きく異なります。

具体的には、以下の表のとおりになります。

違反行為の種別点数酒気帯び点数
0.25以上0.25未満
酒酔い運転35
麻薬等運転35
共同危険行為等禁止違反25
無免許運転25
大型自動車等無資格運転122519
仮免許運転違反122519
酒気帯び運転0.25以上25
0.25未満13
過労運転等25
無車検運行等62516
無保険運行62516
速度超過50以上122519
30(高速40)以上50未満62516
25以上30(高速40)未満32515
20以上25未満22514
20未満12514
積載物
重量制限超過
大型等10割以上62516
大型等5割以上10割未満32515
普通等10割以上32515
大型等5割未満22514
普通等5割以上10割未満22514
普通等5割未満12514
放置駐車違反駐停車禁止場所等3
駐車禁止場所等2
保管場所法違反道路使用3
長時間駐車2
警察官現場指示違反22514
警察官通行禁止制限違反22514
信号無視赤色等22514
点滅22514
通行禁止違反22514
歩行者用道路徐行違反22514
通行区分違反22514
歩行者側方安全間隔不保持等22514
急ブレーキ禁止違反22514
法定横断等禁止違反22514
追越し違反22514
路面電車後方不停止22514
踏切不停止等22514
しゃ断踏切立ち入り22514
優先道路通行車妨害等22514
交差点安全進行義務違反22514
横断歩行者等妨害等22514
徐行場所違反22514
指定場所一時不停止等22514
駐停車違反駐停車禁止場所等22514
駐車禁止場所等12514
整備不良制動装置等22514
尾灯等12514
安全運転義務違反22514
幼児等通行妨害22514
安全地帯徐行違反22514
騒音運転等22514
携帯電話使用等(交通の危険)22514
携帯電話使用等(保持)12514
消音器不備22514
高速自動車国道等措置命令違反22514
本線車道横断等禁止違反22514
高速自動車国道等運転者遵守事項違反22514
高速自動車国道等車間距離不保持22514
車間距離不保持12514
免許条件違反22514
番号標表示義務違反22514
混雑緩和措置命令違反12514
通行許可条件違反12514
通行帯違反12514
路線バス等優先通行帯違反12514
軌道敷内違反12514
道路外出右左折方法違反12514
道路外出右左折合図車妨害12514
指定横断等禁止違反12514
進路変更禁止違反12514
追い付かれた車両の義務違反12514
乗合自動車発進妨害12514
割込み等12514
交差点右左折方法違反12514
交差点右左折等合図車妨害12514
指定通行区分違反12514
交差点優先車妨害12514
緊急車妨害等12514
交差点等進入禁止違反12514
無灯火12514
減光等義務違反12514
合図不履行12514
合図制限違反12514
警音器吹鳴義務違反12514
乗車積載方法違反12514
定員外乗車12514
積載物大きさ制限超過12514
積載方法制限超過12514
制限外許可条件違反12514
牽引違反12514
原付牽引違反12514
転落等防止措置義務違反12514
転落積載物等危険防止措置義務違反12514
安全不確認ドア開放等12514
停止措置義務違反12514
初心運転者等保護義務違反12514
座席ベルト装着義務違反12514
幼児用補助装置使用義務違反12514
乗車用ヘルメット着用義務違反12514
大型自動二輪車等乗車方法違反22514
初心運転者標識表示義務違反12514
最低速度違反12514
本線車道通行車妨害12514
本線車道緊急車妨害12514
本線車道出入方法違反12514
牽引自動車本線車道通行帯違反12514
故障車両表示義務違反12514
仮免許練習標識表示義務違反12514

(2)物損事故だけでは点数加算されない

運転免許の点数は、基本的には道路交通法違反による行政罰に関する処分です。
よって、交通事故があっても、それが物損だけであれば基本的に点数は加算されません。

たとえば、運転が下手で何かに車をぶつけて破損したとしても、それだけで点数加算されることにはならないのです。

点数が加算される場合には、あくまで道路交通法違反の行為があることが基本になっているからです。

ただし、物損の場合にも安全運転義務違反や当て逃げなどがあると、道路交通法違反になるので点数が加算されます。

安全運転義務違反があると点数が2点加算されますし、当て逃げがあると5点が加算されます。
もちろん、飲酒運転や酒帯運転などの道路交通法違反がある場合にも、点数は加算されます。

物損事故の場合でも、道路交通法違反の要因があると違反内容に応じた点数が加算されるということです。

(3)人身事故を起こすと点数が加算される

点数に関しては、「道路交通法違反」の行為に対して加算されます。
よって、単なる物損の交通事故を起こした場合には加算されないことも説明しました。

ところが、道路交通法違反の行為があり、交通事故の中でも人身事故を起こした場合には、その交通事故の程度や内容に応じて点数が加算されてしまいます。

人身事故の場合の具体的な交通事故の種類と加算される点数は、以下の表の通りになります。

交通事故の種別交通事故が専らその違反行為をした人の不注意によって発生した場合の点数左記以外の場合における点数
人の死亡に係る事故20点13点
傷害事故のうち、負傷者の治療に要する期間が3ヶ月以上で後遺障害が残るもの13点9点
傷害事故のうち、負傷者の治療要する期間が30日以上3ヶ月未満の場合9点6点
傷害事故のうち、負傷者の治療に要する期間が15日以上30日未満の場合6点4点
傷害事故のうち、負傷者の治療に要する期間が15日未満であるもの又は建造物損壊の交通事故3点2点

(4)ひき逃げ、当て逃げをすると点数が付加される

交通事故を起こした場合、加害者には道路高越法上救護義務が課せられます。
きちんと車を停めて被害者を救護して、応急措置をしたり救急車を呼んだりしなければならないのです。

この救護義務を怠ってそのまま走り去ると、ひき逃げになってしまいます。

交通事故を起こしてひき逃げをすると、大幅に点数が加算されます。
具体的には、基礎点数が35点加算されます。

また、物損事故の場合にも、他人の車を毀損してそのまま走り去ってはいけません。
このような行為は、当て逃げとして禁止されています。

もし、当て逃げをしてしまったら、点数とて5点が加算されてしまいます。
このように、交通事故を起こした場合、ひき逃げや当て逃げをすると大きく点数が加算されてしまうので注意しましょう。

5.点数が加算されるとどうなるのか

交通違反や交通事故を起こして点数が加算されていくと、具体的にどのような問題があるのでしょうか。

免許が停止されたり取り消されるイメージがありますが、具体的に何点になるとどのような処分があるのかを知っておく必要があります。

また、これらの行政処分と反則金、罰金との違いも知りたいところです。
そこで、以下では、まず運転免許の点数が加算されていくとどのような処分を受けることになるのかについて、確認しましょう。

(1)点数が累積すると、免許停止や取り消しになる

累積した点数に応じて免許停止になったり取り消されたりします。

たとえば点数が6点になったら免許停止30日になるなどです。
ただ、点数と免許停止、取り消しの関係は、単純に「点数がいくら」というだけでは決まりません。

その交通違反以前の過去3年以内の運転免許停止処分の処分前歴があるかどうか、その前歴が何回あるかどうかによっても、受ける処分が変わってくるのです。

処分前歴があるかないかで、同じ点数でも免許停止期間が変わってきますし、処分前歴があると、同じ点数でも免許取り消しになってしまうこともあります。

このように、点数計算による行政処分には、その交通違反の前歴が大きく影響します。
何度も交通違反を繰り返している人に対しては、厳しい処分が行われるようになっているのです。

よって、運転免許を取得して運転をする場合には、くれぐれも交通違反をしないように注意する必要があります。
交通違反を重ねていると、点数が加算されて最終的には免許が取り消されてしまうことになります。

(2)点数と処分前歴、免許に関する処分の表

具体的に何点になるとどのような処分を受けることになるのかについては、以下の表のとおりです。
前歴が多いと、同じ点数でも受ける処分が厳しくなっていることがわかります。

 

免許停止日数と免許取り消し
点数→123456789101112131415
処分暦↓
0回30日60日90日取消
1回60日90日120日取消
2回90日120日150日取消
3回120日150日取消
4回以上150日180日取消

なお、免許停止が終了してから「1年間」無事故無違反だと、処分前歴は「0」になります。

6.点数と罰則の関係は?

交通違反を行うと、「反則金」や「罰金」が発生する可能性があります。

点数とこれらの反則金、罰金などの罰則にはどのような関係があるのでしょうか。
点数が加算されると罰則が科されることになるのでしょうか。

以下では、点数と罰則の関係を説明します。

(1)行政処分と刑事処分

点数と罰則とはどのような関係にあるのでしょうか。
点数が加算されることによって反則金や罰金が科されるのでしょうか。

一般的には、点数が加算されると反則金や罰金が科されると考えられていることが多いです。
しかし、実は点数と罰則との間に直接的な関係はありません。

点数が加算されると反則金が課されるという関係にはないのです。
つまり、交通違反の「行政処分」と「刑事処分」の2種類の処分が存在します。

行政処分とは、行政が免許の取り扱いに関して行う処分です。
これに対して刑事処分とは、検察庁や裁判所が交通違反の犯罪に対して行う処分のことです。

点数や免許の停止、取り消しの問題が行政処分であるのに対し、罰金の問題は刑事処分に関する問題です。
反則金は、この中間的な位置づけになります。

点数と罰則は性質が異なるものであり、直接的な関係はないのです。

(2)行政処分と刑事処分が同時に科されることが多い

点数と罰則には、直接的な関係はありません。
しかし、一般的には点数が加算されると反則金や罰金が科されると思われている傾向が強いです。

なぜ、そのようなイメージを持たれるのでしょうか。

このことは、行政処分が科される場合と刑事処分が科される場合が重なることが多いことによります。

たとえば酒酔い運転をすると、道路交通法上点数が加算されて運転免許が取り消されたりする行政処分を受けることになりますが、同時に道路交通法違反の行為として、5年以下の懲役又は100万円以下の罰金刑を科されることになります。

つまり、酒酔い運転をすると行政処分として点数加算もされますが、同時に刑事罰として罰金の支払い命令も出ることがあるということです。

同じようなことは、速度超過違反などの他の道路交通法違反行為でも起こります。
このように、行政罰が適用される場面と刑事罰が適用される場面というのは重なってくることが多いのです。

このことにより、あたかも「交通違反、交通事故→点数加算→反則金、罰金」というイメージにつながり、一般的には点数が加算されると反則金や罰金が科されると思われているのです。

しかし、実際にはそうではありません。

単に点数が加算される場面と罰則が科される場面が重なることが多いと言うだけのことであり、この両者は全く異なる制度です。
点数が加算されたから反則金や罰金が科されるという関係にはならないのです。

(3)行政処分と刑事罰の違い

点数は行政処分の問題で罰則は刑事罰の問題ですので、両者は全く異なります。
具体的に、どのような違いがあるのか以下で確認しましょう。

①刑事罰は前科がつく

点数や免許に関する処分は行政処分ですが罰金などの罰則は刑事処分です。

刑事処分を受けると基本的には前科がついてしまいます。
つまり、懲役刑や禁固刑が科された場合と同じく、有罪となって前科がある人という扱いになるということです。

このようなことは、その後の社会生活でも極めて不利益になります。
ただし、前科がつくのは刑事裁判になって罰金を支払ったり懲役刑、禁固刑などになった場合です。

反則金を支払った場合には、裁判を免除されて有罪判決を受けることもないので前科がつくことはありません。
この意味で、反則金は「刑事罰」や「刑事処分」ではないのです。

反則金によって刑事処分を免れる制度については、以下の7の項目で詳しくご説明いたします。

②刑事処分では裁判になることもある

悪質な交通違反をしたり交通事故を起こすと刑事裁判になることもあります。
この刑事裁判は、その違反者や事故者に対して刑罰を科すための手続きです。

よって、裁判は刑事罰に関する問題であり、行政罰(行政処分)とは無関係です。

交通違反が重なって点数がかさんできても、そのことによって刑事裁判にかけられることはありません。

また、刑事裁判になったことによって点数が加算されるということにもなりません。

刑事裁判は、あくまでも違反者や事故者に対してその違反行為や犯罪行為があったかどうかを判断し、どのような刑罰(罰金や懲役刑など)が適切であるかを判断するための手続きです。

以上のように、刑事罰を科される場合には刑事裁判を受ける事になる可能性がありますが、単に点数が加算されて行政処分を受けるだけの場合には裁判になることはありません。

この点でも、行政処分と刑事処分は大きく異なります。

7.反則金と罰金

道路交通法違反の行為をしたり交通事故を起こした場合には、罰金などの刑事罰を科される可能性があります。
この刑事処分は点数とは直接の関係がないことも説明しました。

この刑事処分を理解する際に、反則金と罰金のことを正しく知っておく必要があります。

(1)反則金と罰金の違い

反則金と罰金はよく混同されますが、この両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

反則金とは、軽微な「道路交通法違反」の場合に、金融機関でそれぞれについて定められた金額を納付することで刑事処分を回避するために必要な金銭です。

これに対して罰金とは、刑事裁判を受けた結果、裁判所から支払い命令を受けたお金のことです。

このように「道路交通法違反」に反した場合、「反則金制度」がもうけられているのは、以下のような理由によります。

道路交通法違反にはさまざまな類型があります。
とても軽微な違反行為も多いです。

ところが、このような軽微な違反行為にまですべてを起訴して刑事裁判にかけていると大変な手間になりますし、違反者にとっても不利益が大きくなりすぎます。

そこで、軽微な道路交通法違反については、反則金と言うお金を支払うことによって刑事処分を免れることとしたのです。

よって、反則金の支払いは刑事処分とは違います。
ただし、点数計算とも直接の関係はありません。

このことがあるので、先に反則金は点数などの行政処分と罰金などの刑事処分の中間的な位置づけであると説明しました。

重大な道路交通法違反を行った場合、反則金を支払うことによって刑事処分を回避することはできません。
その場合には、刑事裁判になって罰金の支払いをしなければならなくなります。

重大な交通事故を起こした場合には、懲役刑などを科されて交通刑務所などに行かなければならないケースもあります。

以上のように、反則金は、軽微な道路交通法違反の場合に刑事処分を免れるためのお金であり、これは刑事処分とは異なります。

これに対して罰金は、正式に刑事処分を受けた場合の刑罰として科されるお金です。
これが反則金と罰金の最も大きな違いです。

(2)反則金の一覧表

具体的に、どのような道路交通法違反があるとどのくらいの反則金が課されるのでしょうか。
以下では、反則金の一覧表を掲載しますので参照しましょう。

反則行為の種類
(略号)
車両等の種類及び反則金額
(単位 千円)
大型車普通車二輪車小型特殊車原付車
速度超過高速道路35以上40未満4035302020
高速道路30以上35未満3025201515
25以上30未満2518151212
20以上25未満2015121010
15以上20未満1512977
15未満129766
積載物重量制限超過普通等10割以上*35302525
5割以上10割未満4030252020
5割未満3025201515
信号無視(赤色等)違反129766
信号無視(点滅)違反97655
整備不良制動装置等違反129766
整備不良尾灯等違反97655
しゃ断踏切立入り違反1512977
通行区分違反129766
高速自動車国道等車間距離不保持違反129766
追越し違反129766
踏切不停止等違反129766
交差点安全進行義務違反129766
横断歩行者等妨害等違反129766
安全運転義務違反129766
携帯電話使用等(交通の危険)違反129766
本線車道横断等禁止違反12976*
高速自動車国道等運転者遵守事項違反12976*
法定横断等禁止違反97655
路面電車後方不停止違反97655
通行禁止違反97655
歩行者用道路徐行違反97655
歩行者側方安全間隔不保持等違反97655
急ブレーキ禁止違反97655
優先道路通行車妨害等違反97655
徐行場所違反97655
指定場所一時不停止等違反97655
積載物大きさ制限超過違反97655
積載方法制限超過違反97655
幼児等通行妨害違反97655
安全地帯徐行違反97655
免許条件違反97655
通行帯違反76655
路線バス等優先通行帯違反7665*
道路外出右左折合図車妨害違反76655
指定横断等禁止違反76655
車間距離不保持違反76655
進路変更禁止違反76655
追いつかれた車両の義務違反76655
乗合自動車発進妨害違反76655
割込み等違反76655
交差点右左折等合図車妨害違反76655
指定通行区分違反76655
交差点優先車妨害違反76655
無灯火違反76655
緊急車妨害等違反76655
減光等義務違反76655
合図不履行違反76655
合図制限違反76655
警音器吹鳴義務違反76655
乗車積載方法違反76655
定員外乗車違反76655
牽引違反7665*
泥はね運転違反76655
転落等防止措置義務違反76655
転落積載物等危険防止措置義務違反76655
安全不確認ドア開放等違反76655
停止措置義務違反76655
騒音運転等違反76655
初心運転者等保護義務違反7665*
携帯電話使用等(保持)違反76655
公安委員会遵守事項違反76655
消音器不備違反76655
交差点等進入禁止違反76655
大型自動二輪車等乗車方法違反**12**
最低速度違反7665*
本線車道通行車妨害違反7665*
本線車道緊急車妨害違反7665*
牽引自動車本線車道通行帯違反76***
故障車両表示義務違反7665*
仮免許練習標識表示義務違反76***
通行許可条件違反64433
軌道敷内違反64433
道路外出右左折方法違反64433
交差点右左折方法違反64433
制限外許可条件違反64433
原付牽引違反****3
運行記録計不備違反64***
初心運転者標識表示義務違反*4***
聴覚障害者標識表示義務違反*4***
本線車道出入方法違反6443*
警音器使用制限違反33333
免許証不携帯33333

(3)刑事罰が科される場合の一覧表

道路交通法違反を犯した場合にも、その違反が重大な場合には刑事処分が科されます。
その刑事処分の罰則の内容は以下の表のとおりになります。

違反行為の種別点数酒気帯び点数反則金額
0.25以上0.25未満大型車普通車二輪車原付
酒酔い運転35罰則1罰則1罰則1罰則1
麻薬等運転35罰則2罰則2罰則2罰則2
共同危険行為等禁止違反25罰則3罰則3罰則3罰則3
無免許運転25罰則5罰則5罰則5罰則5
大型自動車等無資格運転122519罰則7罰則7罰則7罰則7
仮免許運転違反122519罰則7罰則7罰則7罰則7
酒気帯び運転0.25以上25罰則2罰則2罰則2罰則2
0.25未満13罰則2罰則2罰則2罰則2
過労運転等25罰則5罰則5罰則5罰則5
無車検運行等62516罰則6罰則6罰則6罰則6
無保険運行62516罰則4罰則4罰則4罰則4
速度超過50以上1225罰則8罰則8罰則8罰則8
30(高速40)以上50未満62516罰則8罰則8罰則8罰則8
罰則15年以下の懲役又は100万円以下の罰金
罰則23年以下の懲役又は50万円以下の罰金
罰則32年以下の懲役又は50万円以下の罰金
罰則41年以下の懲役又は50万円以下の罰金
罰則51年以下の懲役又は30万円以下の罰金
罰則66月以下の懲役又は30万円以下の罰金
罰則76月以下の懲役又は10万円以下の罰金
罰則86月以下の懲役(過失の場合は3月以下の禁錮)又は10万円以下の罰金

たとえば、飲酒運転をすると、「5年以下の懲役又は100万円以下の罰金刑」を受ける可能性があります。

交通事故の点数に関するまとめ

今回は、交通違反や交通事故を起こした場合の点数について説明しました。
運転免許の点数に関しては、交通違反を行った場合に「免許の停止」や「取り消し」などの行政処分の制度です。

点数が加算されると累積されていき、一定の数値になると免許が停止されたり取り消されたりします。

交通違反の程度によって加算される点数が変わります。
また、処分前歴があると、同じ点数でも受ける行政処分が厳しくなってしまいます。

計算期間に関しては「過去3年以内」の点数の累積です。

「交通違反」や「交通事故」の点数は、「免許の停止」や「取り消し」に関する行政処分であり、反則金や罰金などの刑事処分に関する手続きとは異なります。

点数が加算されたからと言って反則金が課されるわけではありません。
また、刑事裁判になったからといって点数が加算されることもありません。

道路交通法違反の行為や交通事故を起こすと、刑事処分を科されることがあります。
その結果科されるのが罰金です。

刑事処分では、刑事裁判にかけられることがあります。
罰金だけではなく懲役刑が選択されることもあります。

反則金とは、軽微な道路交通法違反の場合に、支払うことによって刑事手続きを免れるためのお金です。

行政処分としての点数の加算と刑事処分としての反則金や罰金の適用は重なることも多いです。

車を運転する場合には、くれぐれも交通違反や交通事故を起こさないよう、慎重にする必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Twitter・RSSでもご購読できます。