離婚後に子供に会うために!面会交流調停の手続きについて知っておきたいことまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
shutterstock_335394194

離婚の際には、父母のどちらかを親権者とすることになる。

その際、親権者とならなかった親は、離婚後に子供に会いたいと思っても、元配偶者に拒否されて子供に会えないケースも少なくない。

しかし、親権者とならなかった親には「面会交流権」という子どもと会う権利がある。元配偶者との話し合いで会える状況になればベストだが、前述のように会えないケースも少なくない。

そのような場合、面会交流調停をすることで、面会交流権がきちんと実現されるようにする必要がある。

今回は、離婚後に子供に会うための手続きとしての面会交流調停について説明したい。ご参考になれば幸いだ。

目次

目次

1、面会交流調停とは?どのような場合に申立てすべきか

2、面会交流調停の流れ

3、面会交流調停の手続き

4、面会交流調停で決めるべきことは?

5、面会交流調停を欠席するとどうなる?

6、面会交流調停を有利に進める方法は?

7、面会交流調停で決めた内容を相手が守らないと何ができる?

8、面会交流調停は弁護士に依頼した方がいい?依頼するメリットとデメリット

1、面会交流調停とは?どのような場合に申立てすべきか

そもそも面会交流とは、離婚後または別居中に子供を養育・監護していない方の親(非監護親)が子供と面会等を行うことを言う。

面会交流の具体的な内容や方法については、まずは父母が話し合って決めることになるが、話し合いがまとまらない場合や話し合いができない場合には、家庭裁判所に調停の申立てをして面会交流に関する取り決めを求めることになる。

この調停が、面会交流調停である。

そして、この手続き自体は、離婚の前後を問わず利用することができる。また、両親が別居中で子供との面会交流についての話し合いがまとまらない場合にも利用することができる。

なお、話し合いがまとまらず調停が不成立になった場合には自動的に審判手続が開始され、裁判官が一切の事情を考慮してどのように面会交流をすべきか判断することになる。

2、面会交流調停の流れ

次は面会交流調停を申立てた側から見た面会交流調停の流れに付いて説明していきたい。

(1)調停の流れ

面会交流調停は以下の流れで進むことになる。

①まずは待合室で待機

家庭裁判所に到着すると待合室で待機することになる。

なお、待機の際には、待合室で当事者双方がばったり会わないように配慮されている。

②調停室へ呼び出し

待合室で待っていると、いよいよ調停室に呼び出されるが、基本的には、申立人が先に呼び出されることになる。調停室には、男女1名ずつの調停委員と、場合によっては裁判官や書記官がいる。

まずは、調停の進め方などについて説明がある。

その後はいよいよ本題である面会交流調停を申立てた経緯について聞かれることになる。質問に対してはきちんと事実を伝えるようにしたい。この時間は30分程で、一通り聞かれると調停室を出て待合室に戻ることになる。

③次に相手方が調停室へ呼び出される

待合室へ戻ると、次は相手方が調停室に呼び出されて同じように30分程事情を聞かれることになる。この時、調停委員は相手方の主張を聞くことが多く、その際に、申立人の主張も伝えられる。そして、一通り聞かれると調停室から待合室に戻ることになる。

④また調停室へ

相手方の番が終わると、また調停室へ呼ばれることになる。

⑤今度は相手方が再び調停室へ

申立人と調停委員らとの2回目のやり取りが終わると、次はまた相手方が調停室へ呼ばれることになる。

⑥第1回目の調停終了

もし、合意に至れば調停は終了となる。しかし、合意に至らなかった場合には2回目以降の調停が行われることになる。

⑦第2回目以降の調停

第2回目以降の調停についても、ほぼ第1回目と同様の流れで、合意に至るまで行われる。

(2)調停が成立した場合

調停が成立すると、調停案が作成されることになる。内容に問題がなければその後1〜2週間で調停調書が郵送される。

(3)調停が不成立となった場合

調停が不成立となった場合には自動的に審判に移行し、審判では裁判所が調停の過程や調査官の調査(面会交流が子供にとって良い影響を与えるかを判断するために、調査官が家庭や学校を訪問し子供から直接話を聞くこと)の結果をもとに面会交流の内容を決定し、審判をすることになる。

3、面会交流調停の手続きの内容

(1)申立人

申立人は、父親、又は母親となる。

(2)申立先

申立先は、相手方の住所地を管轄する家庭裁判所又または当事者が合意で定めた家庭裁判所である。

ただし、多くの場合は、非監護親が監護親の住所地を管轄する家庭裁判所に申立てる。

相手方の住所地の家庭裁判所を詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧頂きたい。

(3)申立てに必要な費用

申立てには、

  • 収入印紙1,200円分(子供1人につき)
  • 連絡用の郵便切手(各裁判所によって金額が異なるため、申立てる家庭裁判所への確認が必要。なお、東京家庭裁判所は100 円×2枚、82円×8枚、10円×10枚、5円×2枚で合計966円となる)

の費用がかかる。

(4)申立てに必要な書類

申立てに必要な書類は以下の通りだ。

  • 申立書3通
  • 未成年者の戸籍謄本(全部事項証明書)1通
  • 連絡先等の届出書1通
  • 事情説明書1通
  • 進行に関する照会回答書1通

なお、場合によっては、あなたの主張を根拠付けるため、必要に応じて追加で書類の提出をお願いされることもあるので、その際には裁判所の指示に従って書類を準備する必要がある。

(5)申立書の書式及び記載例のダウンロード

以下より、裁判所で利用できる面会交流申立書と記載例がダウンロードできる。是非利用して頂きたい。

面会交流申立書のダウンロードはこちら

記載例のダウンロードはこちら

4、面会交流調停で決めるべきことは?

面会交流をめぐるトラブルは少なくない。そこで、トラブルを防ぐべく、事前に以下のような事柄を決めておくと良いだろう。

  • 面会交流の頻度(例えば、月に1回など)
  • 面会交流の日時場所(例えば、毎月最終日曜日に、○○公園でなど)
  • 面会交流の一回当たりの時間(例えば、午前10時から午後4時までなど)
  • 面会交流の際の送迎や引渡しの方法(例えば、非監護親が行うなど)
  • 面会交流の際に監護親は同席するのか否か
  • 間接的な交流の方法(例えば、電話やメールをしていいかなど)
  • 学校行事(参観日・運動会等)へ参加の可否
  • お小遣いやプレゼントの可否(例えば、誕生日やクリスマスに限るなど)
  • 取り決めに違反した場合にどうするか(例えば、面会交流を今後制限するなど)

など

5、面会交流調停を欠席するとどうなる?

(1)そもそも欠席できる?

面会交流調停を欠席することは大きく不利になってしまうイメージを持たれている方も多いと思われるが、1回程度の欠席であれば特に不利に扱われることはない。もっとも、何度も無断で欠席するとそのことが不利に働きかねない。

確かに、平日に裁判所に出向いて調停委員と話をしなければならないのは精神的にも肉体的にも苦痛が大きいかもしれないが、自己の望む結果を獲得するためにも欠席せずに参加するのが良い。

(2)欠席すると不利になる?

では、面会交流調停を欠席した場合、調停が不利になってしまうのか。調停は平日に行われるので、急に仕事が入ってしまったりしてやむを得ず欠席しなければならない場合もあるだろう。

結論としては、(1)で説明したように、1回目の欠席であれば不利になることはない。調停は、あくまで「話し合い」なので、話し合う意思があることがきちんと伝わっていれば、欠席したからといってそのことが不利に扱われることはない。

もっとも、欠席しても調停が延期になるわけではなく、調停自体は進行してしまうため、その点だけは注意したい。

(3)欠席し続けるとどうなる?

①調停不成立になる

調停を全て欠席し、裁判所からの連絡も無視し続けた場合には、面会交流調停は当然のことながら不成立となる。

面会交流調停が不成立になると、審判へと移行することになるので、自分の意見や考えが一切反映されることなく裁判官による決定が出されてしまうことになる。

②場合によっては過料を取られる

調停を欠席し続けると、家庭裁判所の調査官から出頭勧告を受けることとなり、さらにこれを無視して調停を欠席し続けると、5万円以下の過料を取られる可能性がある。

過料を取られるか否かは、欠席の理由や次回の調停に関する意向調査(書面や電話で行われる)を踏まえて家庭裁判所が判断することになる。

もっとも、実際に過料を取られるケースはあまりないようである。

6、面会交流調停を有利に進める方法は?

(1)自分の希望を押し付けない

子供に会いたいという気持ちが強くなりすぎて、つい面会交流に関して自分の希望を主張しすぎてしまうことが少なくない。

しかし、面会交流は子供の福祉が一番重要であることから、子供のためにどうするかといった観点から調停を試みる方がかえって調停を有利に進めることに繋がる。

(2)子供との関係が良好であることをアピールする

やはり面会交流は子供を第一に考えることから、子供との関係が良好である場合には、その旨を調停で主張するようにしたい。

もし、離婚前に子供に対して暴力をふるっていたような場合には、面会交流を認めると再度暴力をふるう可能性があるということで面会交流が制限されてしまう。

(3)弁護士に依頼する

面会交流に関してはやはり感情が先行しがちになり、調停委員が誤解して不利な内容で調停審判が進められる可能性があるので、冷静に手続きを進めるためにも法律の専門家でありかつ第三者である弁護士に依頼した方が良いだろう。

また、弁護士に依頼した場合には弁護士費用がかかるわけだが、その費用を負担してでも弁護士をつけて面会交流調停に臨んでいる場合には、調停委員に「この人は本気で子供との面会交流を希望しているんだな」と印象付けることができ、結果として調停で有利な結果を獲得することができる可能性があるだろう。

7、面会交流調停で決めた内容を相手が守らないと何ができる?

面会交流当日に子供に会おうとすると、「子供が会いたくないと言っている」とか「体調がよくない」などと言われて子供に会えないケースが少なくない。

では、面会交流調停で決めた内容を相手が守らない場合には、どのような方法をとることができるのだろうか。

(1)履行勧告

履行勧告とは、調停で決めた内容について違反があったときに、取り決めを守るよう家庭裁判所から書面や口頭で指導してもらう制度のことである。

裁判所からの指導という点で、当事者が要求するよりも相手が応じる可能性は高くなると言えるだろう。ただし、この裁判所の指導には強制力はないので、相手が裁判所の指導を無視してしまえば効果はないことになる。

(2)改めて面会交流調停を行う

面会交流できない理由が、例えば生活環境が変わったことで取り決めた方法や時間での面会交流が難しくなったといったものであれば、改めて調停で面会交流の取り決めを行うこともできる。しかし、そもそも監護親が面会交流を拒否している場合には、調停を行っても無意味であろう。

(3)強制執行の申立て

相手が取り決めを守らない場合、とりわけ子供に会わせてくれない場合には、相手に面会を強制する方法として、面会を拒むごとに一定額の罰金を支払わせ続けることができる。これを間接強制といい、強制執行の方法の一つである。

例えば、面会を一回拒むごとに5万円を相手に払わせるという命令(間接強制の金額は、1回あたりだいたい3万~5万円程度になることが多い)が裁判所から出ることになる。そして、この命令をも無視してお金を支払わない場合には、相手の給料や預貯金を差し押さえができる。

そのため、罰金を支払わないようにするべく、監護親としては非監護親と子供の面会を認めるしかないということなる。

ただし、監護親がいくらお金を払っても面会させたくないと思っていたり、そもそもお金がないから支払いを命じられても構わないという場合には、この方法でも面会交流は実現できないこともある。そのような場合には、最終的には監護親が親として不適切であることを主張立証し、親権者の変更を求めるなどしなければならない場合もあるだろう。

8、面会交流調停は弁護士に依頼した方がいい?依頼するメリットとデメリット

(1)メリット

面会交流調停は弁護士に依頼せずにご自身で行うこともできる。では、本人自らできるのにもかかわらず、以下で説明する費用をかけてまで弁護士に依頼するメリットはどこにあるのだろうか。弁護士に依頼するメリットとしては、3つ考えられる。

①書面を作成する手間が省ける

まず、書面作成の手間が省けることにある。ご自身で面会交流調停をする場合には、ご自身で書面の全てを作成する必要があるが、弁護士に依頼すればこの手間が省けることになる。

②法律のプロによる適切なアドバイスを受けられる

次に、法律の専門家である弁護士から適切なアドバイスを受けることができる。また、弁護士がいることで、精神的にも楽になることができるだろう。

③調停委員に対して有利な印象を与えることができる

さらに、調停委員に対して有利な印象を与えることができる可能性がある。以下で説明するように、弁護士に依頼した場合には弁護士費用がかかる。そうした費用を負担してでも弁護士をつけて面会交流調停に臨んでいる場合には、調停委員に「この人は本気で子供との面会交流を希望しているんだな」と印象付けることができ、調停で有利な結果を獲得することができる可能性がある。

(2)デメリット

他方、弁護士に依頼するデメリットとしてはやはり弁護士費用がかかることである。

弁護士費用としては、

  • 相談料(弁護士に相談する際にかかる費用のこと)
  • 着手金(弁護士に案件を依頼する際(委任契約時)に支払う費用のこと)
  • 報酬金(案件終了後に、その具体的な成果に応じて支払う費用のこと)
  • 実費
  • 日当

などがかかる。

では、実際にどのくらいの費用がかかるのか。結論から言えば、弁護士費用は、特に明確な金額が定まってはおらず、法律事務所によって様々である。

最近では、インターネットに広告を出している事務所を中心に弁護士費用もかなり安くなってはいる。そのため、実際にどのくらいの費用がかかるかについては、まずは各法律事務所のHPを参考にし、それでも分かりにくければ各法律事務所に直接問い合わせてみるとよいだろう。

まとめ

今回は、面会交流調停の手続きについて説明してきたがいかがだっただろうか。

離婚後の親権がない非監護親にとっては、何としても子どもと会う環境を整えたいだろう。今回の話が、面会交流調停の手続きについて知りたい方のご参考になれば幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Twitter・RSSでもご購読できます。