B型肝炎訴訟を弁護士に依頼した場合にかかる弁護士費用について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
shutterstock_193474628

ご自身がB型肝炎訴訟で給付金をもらえそうだと知った時に気になるのが、もしB型肝炎訴訟を弁護士に依頼した場合にどのくらいの弁護士費用がかかるのか、ということではないでしょうか。

B型肝炎訴訟は(かなり手間だが)弁護士に依頼せずともできるので、訴訟を自分でやるかを判断するにあたり、どのくらいの弁護士費用がかかるかを知っておきたい所ではないでしょうか。

今回は、B型肝炎訴訟を弁護士に依頼した場合にかかる弁護士費用についてご説明させていただきます。
ご参考になれば幸いです。

1、B型肝炎訴訟で給付金を獲得するためには必ず弁護士に依頼しなければならない?

B型肝炎訴訟を提起する場合、必ず弁護士に依頼する必要があるのでしょうか。

先ほど少しお伝えしましたが、B型肝炎訴訟を提起する場合、必ずしも弁護士に依頼する必要はなく、ご自身で行うことも可能です。

2、B型肝炎訴訟を弁護士に依頼した場合にかかる弁護士費用の種類は?

B型肝炎訴訟を弁護士に依頼した場合の弁護士費用としては、以下の費用がかかります。

(1)相談料

相談料とは、弁護士に相談する際にかかる費用のことです。

(2)着手金

着手金とは、事件着手時に発生する費用のことで、結果にかかわらず、返金されないもののことです。

(3)成功報酬

成功報酬とは、給付金を獲得できた場合に実際に獲得した金額に応じてかかる費用のことです。

(4)調査費用

調査費用とは、正式な依頼の前に、そもそも和解して給付金をもらえる条件を備えているかを調査するためにかかる費用のことです。

3、B型肝炎訴訟を弁護士に依頼した場合にかかる弁護士費用の相場は?

B型肝炎訴訟を弁護士に依頼した場合にかかる弁護士費用の相場は以下の通りです。

(1)相談料

相談料は、1時間1万円(税抜)が相場です。
しかし、B型肝炎訴訟に関しては無料相談に応じている法律事務所も増えています。

(2)着手金

着手金についても、現在では無料で対応する法律事務所が増えています。

(3)成功報酬

弁護士費用(成功報酬)は、2004年の1月から各法律事務所で自由に決めることができるようになったため、一律には決まっていません。
ただ、相場としては獲得した給付金の12%ほどです。

なお、B型肝炎訴訟の場合、国からの給付金とは別に、給付金額の4%が弁護士費用として補助してもらえるので、各自の負担金額が安くなっています。

つまり、例えば獲得した給付金の金額の12%を報酬とする法律事務所に依頼した場合、実際にご自身が支払うのは8%になります。

給付金額の4%分弁護士費用が補助されるということは弁護士費用の負担を軽減するという意味で、弁護士に依頼するかを判断するにあたり知っておくことが重要です。
是非覚えておいていただきたい。

(4)調査費用

調査費用についても、着手金同様、無料で対応している法律事務所が多いです。

4、B型肝炎訴訟は弁護士に依頼した方がいい?弁護士に依頼するメリットについて

上述したように、B型肝炎訴訟を弁護士に依頼した場合には、弁護士費用がかかります。

では、安くはない弁護士費用を支払ってまで、弁護士に依頼するメリットはどこにあるのでしょうか。
以下では、弁護士に依頼するメリットについてご説明いたします。

(1)必要書類の取得・作成を全て任せることができる

B型肝炎訴訟では、予防接種等でB型肝炎ウイルスに感染したことを証明するため、弁護士が作成する書類だけでなく、母子手帳や医療記録など様々な書類を提出する必要があります。
必要書類が複雑であることから、どのような書類を揃えるべきかは専門的な知識が必要になります。

また、給付金を受け取るためには、裁判をして和解しなければならず、その際には裁判に必要な書類を作成する必要があります。
しかし、B型肝炎訴訟に必要となる書類は、法律的・医学的に専門的な知識が必要になります。
これは、法律や医学について詳しくない人にとっては大きな負担です。

そのため、弁護士に依頼することで、必要書類の取得・作成を全て任せることができ、この点は大きなメリットと言えるでしょう。

(2)時間と手間が省ける

給付金を獲得するためには、前述のように裁判をする必要があります。
もし、弁護士に依頼せずにご自身で行おうとした場合、ご本人自ら裁判所に行って手続きをする必要があります。
これは、仕事を抱えている方にとっては大きな負担です。

そのため、弁護士に依頼することで、全ての手続きを任せることができ、結果として時間と手間を省くことができます。

5、弁護士費用以外でB型肝炎訴訟にかかる費用は?

上記弁護士費用以外にも、B型肝炎訴訟をするには以下の費用がかかります。

なお、以下の費用は自分で訴訟をした場合にもかかります。

(1)印紙代

印紙代は、病状によって金額が異なるため、正確な金額は下記を参考にして頂きたい。

病状               印紙の金額

  • 死亡・肝がん・肝硬変(重度)・・・・・・・・・・・・・・・ 12万8,000円
  • 肝硬変(軽度)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 9万5,000円
  • 慢性B型肝炎(発症後20年経過していない方)・・・・・・・・ 5万9,000円
  • 慢性B型肝炎(発症後20年経過、現在も慢性B型肝炎の状態にある方
  • 等)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2万0000円
  • 慢性B型肝炎(発症後20年経過、現在は治癒している方)・・・ 1万3,000円
  • 無症候性キャリア(感染後20年経過していない方)・・・・・・ 3万4,000円
  • 無症候性キャリア(感染後20年経過した方)・・・・・・・・・・ 5,000円~

(2)郵券代

印紙代に加えて郵券代が必要になります。
裁判所によって異なるが、おおよそ6,000円ほどです。

まとめ

今回はB型肝炎訴訟を弁護士に依頼した場合にかかる弁護士費用についてご説明いたしましたがいかがだったでしょうか。
繰り返しになるが、B型肝炎訴訟は弁護士に依頼せずご本人自ら行うこともできます。
今回の話がB型肝炎訴訟を弁護士に依頼するかどうかの判断の一助になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Twitter・RSSでもご購読できます。