夫が既婚者の女性と不倫(w不倫・ダブル不倫)していた場合に慰謝料を請求する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Complex Relationship

夫が不倫をしているのを知って相手の女性に慰謝料を請求しようと思ったら、実はその女性も既婚者であった、ということも近年では少なくありません。
この場合でも、不倫相手の女性に慰謝料を請求したいと考える方もいらっしゃる事でしょう。

しかし、w不倫の場合の慰謝料請求は、通常の不倫の場合の慰謝料請求とは異なる面があります。

そこで今回は、w不倫の場合に焦点を当てて慰謝料請求する方法について説明していきます。ご参考にしていただければ幸いです。

目次

目次

1、w不倫(ダブル不倫)とは?

2、w不倫(ダブル不倫)の場合に慰謝料を請求する際の注意点及び上手に慰謝料請求する方法

3、w不倫(ダブル不倫)の場合の慰謝料の相場は?

4、w不倫(ダブル不倫)の慰謝料の計算方法は?

5、慰謝料請求する際に集めておきたい証拠

6、自ら慰謝料請求する方法

7、弁護士に依頼するメリットとデメリット

1、w不倫(ダブル不倫)とは?

w不倫(ダブル不倫)とは、一般に既婚者同士が不倫をすることを言います。
つまり、不倫している当事者のうち、男性には妻が、そして女性には夫がいるという関係にある場合を言います。

2、w不倫(ダブル不倫)の場合に慰謝料を請求する際の注意点及び上手に慰謝料請求する方法

(1)注意点

w不倫の場合に慰謝料を請求する際には、場合によっては双方が痛み分けの関係になることが考えられます。
双方の慰謝料の金額が同額である場合には、結局のところその金額を双方の夫婦間で交換したことになるのであり、お互いプラスもマイナスもない状態になる可能性があります。

つまり、例として夫が既婚の女性と不倫していた場合、こちらから相手の女性に対して慰謝料を請求できますが、夫も慰謝料を支払わなければならない可能性があります。
妻個人でみると慰謝料を獲得できますが、夫婦としてみた場合にお互いプラスもマイナスもない状態になる可能性があります。

具体的には、下記の5つの要件の全てを満たすような場合には、慰謝料請求しても金銭的なメリットはないでしょう。そのため、慰謝料請求する目的が金銭の獲得にあるような場合には、慰謝料請求は行わない方が良いでしょう。

  1. お互いの夫婦双方が離婚をしない
  2. w不倫の当事者以外の者が不倫関係の事実を知っている
  3. 慰謝料請求しようとしている配偶者より不倫相手の方に重大な帰責性がない
  4. 慰謝料請求しようとしている夫婦の方が不倫相手の夫婦より婚姻期間が圧倒的に長いという事情がない
  5. 不倫相手夫婦の婚姻関係が不倫の時点で既に破綻したという事情がない

これに対して、例えば一方が自らの立場を利用して他方に執拗に関係を迫ったという事情がある場合には、一方が請求できる慰謝料の額が、他方が請求できる慰謝料の額よりも高額になることはあります。

このようにw不倫の場合には、未婚者に対してする慰謝料請求の場合よりも話が複雑になってくることから、状況を慎重に見極めながら進めていく必要があります。

(2)上手に慰謝料請求する方法

では、w不倫の場合に慰謝料請求しようとした場合に、(1)で述べた注意点を回避しつつ、上手く慰謝料請求できる方法はないでしょうか。

w不倫の場合に慰謝料請求しようとした場合に慰謝料請求しない方が良い場合が出てくるのは、(1)で述べたように、不倫相手に慰謝料請求をして慰謝料を得られたとしても、不倫相手の配偶者から請求者の配偶者が慰謝料請求をされてしまうからです。

つまり、w不倫の場合は、不倫によって精神的苦痛を受けた被害者が二人いるということが最大の特徴なのです。そこで、w不倫の場合にも、慰謝料請求権を有する者、すなわち被害者が一人という構図を作ることができれば、慰謝料請求できるようになるのです。

具体的には、慰謝料請求権を有する二人のうち一人に、不倫の事実が知られないようにすれば良いのです。

あくまで一般論ですが、不倫をした者は不倫の事実を自己の配偶者に知られたくないはずです。
それは、不倫の事実が配偶者に知られれば、配偶者から離婚を要求されたり、慰謝料を請求されたり、今までの夫婦関係に傷がつくためです。

要するに、上記心理を利用することで、慰謝料請求権を有する二人のうち一人に、不倫の事実が知られないようにすれば上手く慰謝料請求できる可能性があります。

3、w不倫(ダブル不倫)の場合の慰謝料の相場は?

では、請求できる慰謝料の金額の相場はどのくらいでしょうか。

そもそも慰謝料の金額は決まっているわけではないですが、おおよその相場としては200万円ほどです。

実際の金額は「4、w不倫の慰謝料の計算方法は?」に挙げたものを含めて様々な事情により決まりますが、多くの場合は100万円~500万円程度です。

  • 「相手の収入」
  • 「結婚期間」
  • 「不倫の内容の悪質性等」

4、w不倫(ダブル不倫)の慰謝料の計算方法は?

前述の通り、慰謝料は決まっているわけではなく、その計算方法を明示するのは困難です。
しかし、下記のような事情がある場合には、慰謝料の金額が高くなる傾向があるので参考にしてみてください。。

  1. 不倫関係が長い場合(一般的には、3年以上不倫関係にある場合には長期といってよい)
  2. 不倫が原因で夫婦が別居に至った場合
  3. 不倫相手と同棲しているような場合
  4. 不倫相手が妊娠・出産したような場合
  5. 不倫を知ったことによってうつ病などになった場合

5、慰謝料請求する際に集めておきたい証拠

慰謝料請求したとしても、相手が支払いを拒否する可能性があります。そのような場合に支払ってもらうには、証拠が必要となります。具体的には以下の通りです。

(1)相手と肉体関係を持ったことを示す証拠

まずは、肉体関係を持ったことを証明する証拠が必要となります。しかしながら、肉体関係自体は密室で行われることから、盗撮でもしない限り直接的に肉体関係を持ったことを証明する証拠を獲得することは困難です。

そのため、この場合には間接的に「肉体関係があった」と示す証拠が必要となります。具体的には、以下のような証拠です。

①夫と不倫相手がラブホテルに入るタイミングもしくは出るタイミングの写真もしくは動画(なお、ラブホテルではなくビジネスホテルの場合には、仕事で会っていたと言い訳されてしまう可能性があるため、相対的に証拠としての価値は下がってしまいます)。

②夫と不倫相手が特に仕事などの理由がないにもかかわらず、二人で泊まりがけの旅行に行って同室で就寝したことを示す証拠。具体的には旅行風景の写真やホテルの領収書など

③メールやLINEなどに明らかに肉体関係を持ったことを推測できるような文言が表示された画面の画像。例えば、「またやろうね」や「気持ちよかった」などが記載されているもの

④不倫相手が不倫の事実を認めたことを書面化したもの

(2)相手方にて夫(もしくは妻)が既婚者であることを知っていたことを示す証拠

次に、不倫相手にて夫(もしくは妻)が既婚者であることを知っていたことを示す証拠が必要となる。具体的には、以下のような証拠である。

①夫婦の結婚式に不倫相手も出席していた事実

②夫と不倫相手が勤務先の上司と部下の関係にあること(通常、同じ会社で働いていれば既婚者と知らなかったはずがない)

③不倫相手とのメールやLINEのやり取りの中で「奥さんにばれたら大変なことになるね」などと表示されている画面の画像

6、自ら慰謝料請求する方法

実際に慰謝料を請求しようとした場合、やはり法律の専門家である弁護士に頼まなければ請求できないと考えている方もいらっしゃるかもしれないが、実は弁護士に依頼しなくてもご自身で慰謝料請求することは可能である。

(1)慰謝料請求の具体的方法

一般的によく利用される方法が、内容証明郵便を利用した請求です。もちろん、内容証明郵便でなくとも、通常の郵便や電子メールなどでも請求自体は可能です。

なお、メールなどで請求する場合にはメールのやり取りの内容を写真に撮ったりキャプチャー画像にして証拠化しておくと後々の紛争の予防になります。

(2)内容証明郵便に記載すべき事柄

内容証明郵便を用いた場合、法的には通常の書面による請求と変わりはないですが、郵便局が書面の内容を証明してくれることから、後々証拠として有効になります。
また、公的文書のような体裁を備えていることから、請求される側に対して心理的プレッシャーを与えることも可能です。

また、内容証明郵便は、縦と横の文字数などが決まっています。
具体的には、1枚520字以内で、縦書きの場合には1行20字以内、1枚26行以内、横書きの場合には1行20字以内、1枚26行以内 とされています。

そして、上記字数制限の範囲内で、①不倫の事実 ②不倫慰謝料を請求する旨 ③請求金額等の内容を記載することになります。

ただし、前述のように内容証明郵便は重要な証拠となるので、誤った内容で送付してしまうと後々不利に働く可能性があります。そのため、文案の作成・送付にあたっては、弁護士に相談することをお勧めします。

7、弁護士に依頼するメリットとデメリット

(1)メリット

「2、w不倫の場合に慰謝料を請求する際の注意点」でも述べたように、w不倫の場合の慰謝料請求は、通常の不倫の場合の慰謝料請求に比べて話がややこしくなりがちです。
そのため、法律の専門家である弁護士に依頼された方が、相手方とのやり取りがスムーズに進むでしょう。

(2)デメリット

ただし、弁護士に依頼した場合には弁護士費用がかかるというデメリットがあります。具体的な相場は以下の通りです。

①相談料

相談料とは、弁護士に依頼する前に弁護士のアドバイスを受けるためにかかる費用のことです。現在の状況を弁護士に伝え、今後どのように手続きを進めたら有利な結果を得ることができるかを相談するために必要な費用です。

相場としては、1時間1万円程度です。もっとも最近では、「1時間まで相談無料」という事務所も増えてきたので、できるだけ費用の負担を抑えたいという方はこのような無料相談を利用されるのも手でしょう。

②着手金

着手金とは、慰謝料請求を弁護士に依頼しようとした場合に、その依頼時にかかる費用のことです。請求金額の5%程度が相場です。

③成功報酬

実際に慰謝料を獲得できた場合にかかる成功報酬のことです。

得られた金額の20%程度が相場です。ただし、安い事務所であれば10%程度のところもあるようです。

まとめ

今回は、w不倫の場合の慰謝料請求について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。今回の話をご参考にしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Twitter・RSSでもご購読できます。