過払い金請求にかかる費用と弁護士に依頼した場合のメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
shutterstock_325157468

「過払い金請求をしようした場合、金銭はどのくらい必要なのだろうか・・・」

とりわけ過払い金請求を初めてする方にとっては悩みが多いですよね。

後悔しない過払い金請求をするには過払い金請求にかかる費用を知っておくことは非常に重要です。

ですので今回は、過払い金請求に必要な費用と弁護士に依頼した場合の「メリット」と「デメリット」に関してご説明いたします。
ご参考になれば幸いです。

1.過払い金請求を自分で行う場合にかかる費用はどれくらい?

過払い金請求は弁護士などの専門家に依頼せずに、個人で行うことが可能です。
自分で行う場合、どれくらいの金銭が必要になるのでしょうか。

(1)内容証明郵便を使って過払い金請求をする場合

内容証明郵便を送るのにかかる費用は、約2000円です。
詳細は下記のとおりです。

「4」や「5」は必ず必要ではありませんが、ですが、届いた日付を記録するために、「4」はつけておきましょう。

  1. 通常郵便物の料金 82円(定型25グラムまで)
  2. 内容証明料 430円(※内容証明の文の用紙1枚の場合、2枚目以降、260円ずつ増額)
  3. 書留料 430円
  4. 配達証明料 310円(配達されたことを証明したい場合)
  5. 速達料 280円(速達にする場合)

(2)裁判で過払い金請求をする場合

裁判で過払い金請求をする場合、主に以下の金銭が必要です。

(1)印紙代

印紙代に関しては、過払い金の請求額によって違います。
印紙代に関しては、「過払い金請求額=訴額」です。

金額の詳細に関しては裁判所のサイトをご確認いただきたいです。

(2)郵券

「郵券=郵便切手」です。
相手に対して書類などを郵送する時に必要です。

郵送する書類は下記です。

  • 訴状
  • 呼出状
  • 判決書

裁判所によって郵便切手の金額が違いますので、郵送する裁判所に問い合わせをしてみましょう。
ちなみに、東京地方裁判所は6,400円です。

(3)代表者事項証明書(資格証明書)

裁判の当事者が法人(会社)の場合には、訴状に当該法人の代表者事項証明書を添付する必要があります。

過払い金返還請求訴訟の場合、基本的に訴える側は個人ですが、相手方は会社ですので、相手方の代表者事項証明書を提出する必要があります。

代表者事項証明書とは、会社の登記簿謄本の一種で、会社の商号や代表者の氏名・住所が記載された書面のことを言います。

そして、代表者事項証明書を取得するのに必要な金銭は下記のとおりです。

①法務局で直接受け取る場合

1通につき600円必要です。

②インターネットで請求し郵送で受け取る場合

この場合は1通につき500円かります。
なお、この500円の中に郵送代も含まれています。

③インターネットで請求し法務局で受け取る場合

この場合は1通につき480円かります。

(4)その他

その他として、裁判所までの交通費等もかかることになります。

2.過払い金請求を弁護士に依頼した場合にはどのような費用がかかる?

上記の費用の他に下記の費用が必要です。

(1)相談料

弁護士に相談をする時に、必要な費用です。

(2)着手金

弁護士が依頼を受けた時点で必要になる費用です。
結果に関係なく返金されません。

(3)基本報酬

依頼が終了した時に必要になる金銭です。

(4)成功報酬

過払い金の獲得額によって必要になる金銭です。

(5)減額報酬

過払い金の獲得後に、借金が残っていた場合に、減額できた金額によって必要になる金銭です。

3.過払い金請求を弁護士に依頼した場合の弁護士費用の相場は?

2.過払い金請求を弁護士に依頼した場合にはどのような費用がかかる?」でご説明した金銭の相場は以下の通りです。

(1)相談料

相談料は、1時間1万円(税抜)が相場です。
しかし、過払い金請求に関しては現在多くの法律事務所では無料で対応しています。

(2)着手金

業者1社ごとに必要になる金銭です。
1社につき約4万円です。

最近では、着手金無料の事務所も増えています。

(3)基本報酬
仮に着手金がかからない法律事務所でも、基本報酬として1社ごとに費用がかかります。
約4万円が相場です。

着手金と基本報酬に関しては、両方ではなくどちらか片方だけが必要です。

(4)成功報酬

裁判をしていない場合「獲得した金額の約20%」です。
裁判をした場合「獲得した金額の約25%」です。

(5)減額報酬

減額した額の約10%です。

4.過払い金請求を弁護士に依頼するメリットは?

下記が弁護士に依頼した場合のメリットです。

(1)時間と手間が省ける

仕事をしながら過払い金請求手続きを行うのはとても大変です。

基本的に弁護士に依頼すると、すべての作業を代行してもらえます。
ですので、交渉や手続きなどの時間を省くことが可能です。

(2)借金していたことや過払い金請求したことを家族に知られずにすむ

個人で賃金会社とやり取りをすると、必要書類が自宅に郵送されることになります。
ですので、書類が家族の目に触れてしまう可能性が高いです。

ですが、弁護士に依頼するとすべての窓口になるので、家族にばれる可能性はとても低いです。

(3)本人が請求するよりも高額の過払い金が期待できる

個人で過払い金請求手続きをすることは可能です。
ですが、ほとんどの場合賃金会社は実際の金額よりも低い金額で交渉してきます。

弁護士であればより高額の過払い金回収が可能です。

(4)早期解決が望める

個人で過払い金請求すると賃金業者は早期解決が難しくなるように引き伸ばし交渉をしてくることが多いです。

そのような場合でも弁護士に依頼することで早期解決が可能となります。

まとめ

今回は、過払い金請求にかかる費用と弁護士に依頼した場合のメリット・デメリットについてご説明いたしましたがいかがだったでしょうか。

今回の話が過払い金請求を本人でやるか弁護士に依頼するか悩まれている方のご参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Twitter・RSSでもご購読できます。