ホウツウ | 専門家(弁護士・税理士・社労士・司法書士)が監修する日本一わかりやすい法律情報サイトが提供

過払いはどんな人が発生してるの?

過払い金請求をすると、借金していたにもかかわらず多額のお金が返ってくると言われているので、関心がある人も多いでしょう。しかし、過払い金は借金していたからと言って、どのような人にでも発生しているわけではありません。
そこでこの記事では、どのような人に過払い金が発生しているのかについてご説明します。

1.利息制限法を超過した利率で利息を支払っていた人

過払い金は、過去に借金をしていたときに払いすぎた利息のことです。
過去に借金していた人は、過払い金請求ができると言われていますが、どのような借金であっても過払い金が発生するわけではありません。過払い金が発生するには、利息制限法を超過した高利率で取引をしていた必要があります。
貸金業者が人にお金を貸し付ける際には、利息制限法という法律によって、年率の上限が定められています。
ところが、過去には、利息制限法を超える利率であっても出資法未満であれば罰則がなかったので、多くの消費者金融やクレジットカード会社がお金を貸し付ける際、利息制限法を超過した高利率で貸付をしていました。
しかし、その後の判例で、このような利息制限法を超える高利率での利息支払いは不要だという判断が下されたため(平成18年1月13日判決)、利息制限法を超過した利率での支払いをしていた場合には、過払い金請求をして払いすぎた利息を取り戻せるようになったのです。
よって、過払い金請求を行うためには、過去に利息制限法を超過する高利率で利息支払いをしていたことが必要です。過去に借金していたとしても、利率が利息制限法以下の取引であったなら、どれだけ長い間取引をしていたとしても過払い金は発生しません。

2.平成20年頃以前の取引である必要がある

過払い金請求ができるためには利息制限法を超過した利率での取引をしていた必要がありますが、そのような取引はいつ頃行われていたのかということが問題になります。
平成18年1月の最高裁判例を受けて、平成22年6月、利息制限法等の関係法令がまとめて改正されたため、その後は利息制限法を超過した利率での貸付は行われていません。
しかも、多くの消費者金融会社やクレジットカード会社は、利息制限法等の改正予定を受けて、平成20年頃には利息制限法を超過する利率での貸付を停止していきました。
そこで、過払い金が発生する高利率の取引は、だいたい平成20年頃までしか行われていないのです。よって、過払い金が発生するためには、平成20年頃までに借金をしていた必要があります。

3.消費者金融やクレジットカードのキャッシングで過払い金が発生する

過払い金が発生するかどうかを考える場合、借金の種類も問題になります。平成20年頃以前の取引であっても、どのような借金でも過払い金が発生するわけではありません。
過払い金が発生するには、利息制限法を超過した利率での取引が必要なので、利息制限法以内の利率の借金の場合、過払い金は発生しないのです。
利息制限法を超過した利率で貸付をしていたのは、消費者金融やクレジットカードのキャッシング取引です。これに対し、銀行カードローンやクレジットカードのショッピング、住宅ローンや奨学金、車のローンなどは、利息制限法以内の利率で貸付をしていたので、過払い金は発生しません。

4.取引期間が5年以上必要なこともある

借金返済中に過払い金請求をする場合には、さらに1つ条件が加わります。この場合、まずは借金を完済しなければならないので、その分多くの利息支払いをしていないと過払い金が発生しないのです。
払いすぎた利息分だけで返済中の借金の元本を完済し、さらに過払い金が発生する状況は、だいたい5年以上の取引期間が必要になることが多いです。
完済後に過払い金請求をする場合には、特に取引期間は問題になりません。

今回は、過払い金が発生している人の条件について解説しました。過払い金請求ができるケースは、平成20年頃以前に消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどで利息制限法を超える利率で取引していた人です。心当たりがある場合には、弁護士などに相談してみましょう。

過払い金の返還請求に強い3事務所を徹底比較

過払い金の返還請求に強い3事務所を徹底調査してみました。
この中から選んでいただければ間違いありません。

事務所名 ベリーベスト (※) ゆかり
相談料 初回無料 無料 無料
対応地域 全国(全国22拠点) 東京都・千葉県・愛知県・岐阜県・三重県 全国
初期費用 無料 無料 無料
着手金 無料 無料 無料
成功報酬 20%(※1) 18% 10%(※2)
電話受付時間 24時間 年中無休 平日 9時~22時
土日 9時~18時(※3)
平日 9時30分~20時
(土日祝、時間外も対応)
  • ※1 裁判の場合25%
  • ※2 裁判を希望された場合15%
  • ※3 12月31日~1月3日は除く。また、大型連休中の休業等についてはHPにてご確認ください。
  • ※ 料金については例外や変更等の可能性がありますので,詳しくはホームページをご覧ください。

過払い金返還請求に強い弁護士事務所 3選

過払い金の累計回収額705億円超え!全国22拠点の最大手!

ベリーベスト法律事務所

  • 相談料 初回無料
    対応地域 全国(全国22拠点)
    初期費用 無料
    着手金 無料
    成功報酬 20%(裁判の場合25%)
    受付時間 24時間 年中無休

実績数、回収額、対応地域、どれをとっても文句なし!


特徴
相談実績40万件・累計過払い金回収総額705億円超・24時間365日全国対応! 全国22拠点(札幌オフィス、仙台オフィス、新潟オフィス、水戸オフィス、大宮オフィス、千葉オフィス、立川オフィス、横浜オフィス、川崎オフィス、静岡オフィス、金沢オフィス、名古屋オフィス、京都オフィス、大阪オフィス、堺オフィス、神戸オフィス、岡山オフィス、広島オフィス、松山オフィス、北九州オフィス、福岡オフィス、那覇オフィス)に140名以上の弁護士と300名のスタッフが所属! ベリーベストは、一人でも多くの方の借金に関する悩みを解決できたらと思い、積極的に債務整理分野に取り組んでいます。

メリット
40万件を超える相談実績と705億円の回収実績は過払い金返還請求の実績ではトップレベル。 また弁護士140名以上、スタッフ300名で全国対応という事も非常に大きなメリットですね。

デメリット
成功報酬額が20%と割安感はないが、回収率・金額は他社圧倒。 結果的に直接的なデメリットではないでしょう。

\ 1人で悩まずにまずはご相談ください! /

弁護士・スタッフ総勢130名体制でハイスピード・ローコストでの過払い金回収を目指す!

弁護士法人心

  • 相談料 無料
    対応地域 東京都・千葉県・愛知県・三重県・岐阜県
    初期費用 無料
    着手金 無料
    成功報酬 過払い金回収額の18% (出来高制ですので,過払金を回収できない場合には,弁護士費用がかからないので安心です。 任意整理と過払金請求の両方がある場合や,残債務のある過払金請求の場合には,任意整理と過払金請求の規定が適用されます。 )
    受付時間 平日 9時~22時
    土日 9時~18時
    ※12月31日~1月3日は除く。また、大型連休中の休業等についてはHPにてご確認ください。

東京都・愛知県・岐阜県の過払い金返還請求なら◎!


特徴
弁護士法人心では、「過払い金返還請求チーム」を作り、過払い金案件を集中的に取り扱うとともに、貸金業者ごとの対応状況、担当者ごとの対応状況、貸金業者の経営状態等、各裁判官の判決の違い等の情報収集にも努めるなど、過払い金の返還金額返還スピードに徹底的にこだわっています。

メリット
出来高制のため,過払金を回収できない場合には,弁護士費用がかからないので安心です。

デメリット
完済した方以外の過払い金返還請求には、原則として、弁護士が、依頼者の方と直接面談して重要事項等の説明をしなければならない直接面談義務があります。 全国対応ではないので、条件が当てはまる方以外の利用は難しいでしょう。

\ お近くの方は是非ご相談ください! /

過払い金請求の報酬は取り戻した金額の10%だけ!

弁護士法人ゆかり法律事務所

  • yukari01
  • 相談料 無料
    対応地域 全国
    初期費用 無料
    着手金 無料
    成功報酬 10%(裁判を希望された場合:15%)
    受付時間 平日9:30~20:00(土日祝、時間外も対応可)
    WEBからのお問い合わせは24時間受付中

費用を抑えた過払い金の返還請求が可能!


特徴
1社のみでも相談可能。 過払い金返還までの早さ、返還額にはご好評を頂いております。 ご依頼者様の意見を尊重した柔軟な対応を心がけております。

メリット
安心、納得の費用!赤字にならない報酬体系。 過払い金請求の報酬は成功報酬の10%のみ。徹底的な低コストは非常に大きなメリットですね。

デメリット
全国対応ですが、事務所は東京のみ。

\ 低報酬でしっかり還元致します! /