過払い金請求を弁護士に依頼した場合にかかる弁護士費用について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
shutterstock_293098241

過払い金請求を弁護士に依頼しようとした場合、弁護士費用はどのくらいかかるのでしょうか。
せっかくお金を出して依頼しても、過払い金よりも弁護士費用の方が高くなってしまっては過払い金請求をする意味が薄れてしまいます。

今回は、過払い金請求を弁護士に依頼した場合にかかる弁護士費用と弁護士に依頼するメリットについてご説明いたします。
両方を知って頂き、ご自身が弁護士に依頼すべきかの判断をしていただきたいです。

1、過払い金請求を弁護士に依頼した場合にはどのような費用がかかる?

(1)弁護士費用

過払い金請求を弁護士に依頼した場合の弁護士費用としては、以下の費用がかかります。

①相談料

相談料とは、弁護士に相談する際にかかる費用のことです。

②着手金

着手金とは、事件着手時に発生する費用のことで、結果にかかわらず、返金されません。

③基本報酬

基本報酬は、着手金とは異なり、業務終了後にかかる費用のことです。

④成功報酬

成功報酬とは、過払い金を回収した場合に実際に回収した金額に応じてかかる費用のことです。

⑤減額報酬

減額報酬とは、引き直し計算をしてもまだ借金が残っていた場合に、実際に減額できた金額に応じてかかる費用です。

(2)実費

過払い金請求を弁護士に依頼した場合には、上記の弁護士費用以外にも以下の実費がかかります。

①印紙代

裁判をするには、請求する金額に応じて印紙が必要になるため、印紙代がかかります。

②郵券

郵券とは郵便切手のことです。

郵便切手代が必要になる理由は、相手方に対して裁判に関係する書類などを郵送する必要があるからです。

相手方に郵送される書類は以下の通りです。

・訴状

・呼出状

・判決書

③代表者事項証明書(資格証明書)

代表者事項証明書とは、会社の登記簿謄本の一種で、会社の商号や代表者の氏名・住所が記載された書面のことを言います。

裁判の当事者が法人(会社)の場合には、訴状に当該法人の代表者事項証明書を添付する必要があります。
過払い金返還請求訴訟の場合、通常、訴える人は個人だが、相手方は会社になるので、相手方の代表者事項証明書を提出する必要があります。

なお、ここで述べた実費は弁護士に依頼せず、ご本人で請求した場合にもかかる費用です。

2、過払い金請求を弁護士に依頼した場合の弁護士費用と実費の相場は?

(1)弁護士費用

弁護士費用の相場は以下の通りです。

①相談料

相談料は、1時間1万円(税抜)が相場です。
しかし、過払い金請求に関しては現在多くの法律事務所では無料で対応しています。

②着手金

着手金として、業者1社ごとに費用がかかります。
相場としては、1社につき4万円ほどです。

なお、法律事務所によっては着手金をとらない事務所もあります。

③基本報酬

仮に着手金がかからない法律事務所でも、基本報酬として1社ごとに費用がかかります。
相場としては、着手金と同様に4万円ほどです。

なお、着手金と基本報酬は両方かかるわけではなく、いずれか一方のみがかかることになります。

④成功報酬

成功報酬は、裁判をせずに回収した場合には、実際に獲得できた金額の20%ほどが相場です。

他方、裁判で回収した場合には、実際に獲得できた金額の25%ほどが相場です。

⑤減額報酬

減額報酬の相場は、実際に減額できた金額の10%ほどです。

(2)実費

実費の相場は以下の通りです。

①印紙代

印紙代は過払い金の請求額によって決まります。
ここでは、過払い金請求額=訴額になります。

具体的な金額は以下の裁判所のサイトをご覧ください。

http://www.courts.go.jp/vcms_lf/315004.pdf

②郵券

郵券の金額は裁判所によって異なるので、詳しくは各裁判所に問い合わせてください。

ちなみに、東京地方裁判所は6,400円です。

③代表者事項証明書(資格証明書)

代表者事項証明書の取得にかかる費用は以下の通りです。

・法務局で直接受け取る場合

この場合は1通につき600円かかります。

・インターネットで請求し郵送で受け取る場合

この場合は1通につき500円かかります。
なお、この500円の中に郵送代も含まれています。

・インターネットで請求し法務局で受け取る場合

この場合は1通につき480円かかります。

3、弁護士に過払い金請求を依頼した場合のメリットは?

過払い金請求を弁護士に依頼した場合には、以下のメリットがあります。

(1)時間と手間が省ける

弁護士に依頼した場合、弁護士が全ての作業を依頼者に代わって行ってくれるため、過払い金請求をするにあたっての時間と手間を省くことができます。

実際に過払い金を回収するには、様々な手続きが必要となることから、多大な時間と手間がかかることになります。
これは、仕事を抱えている方にとっては大きな負担です。

そのため、弁護士に依頼することで、全ての手続きを任せることができ、結果として時間と手間を省くことができます。

(2)家族に知られずにすむ

本人自らが貸金業者とやりとりする場合には、基本的に電話や書面によることになります。
もし、自ら対応する場合には、取引履歴等の書類は原則としてご自宅に郵送されてしまいます。
そのため、そのような書類が家族の目に触れた場合には、借金をしていた事実がバレてしまうことも少なくありません。

しかし、弁護士に依頼した場合には、全てにおいて弁護士が窓口になるため、基本的にご本人に直接連絡が来ることはありません。

そのため、弁護士に依頼した場合には、家族に知られずにすむのである。

(3)本人が請求するよりも高額の過払い金が期待できたり、早期解決が望めます

もちろん、過払い金返還請求は弁護士に依頼せず、ご自身で行うこともできます。
しかし、その場合には、貸金業者は実際に発生している過払い金の額よりも低い金額を提示してくることがあります。
また、交渉や支払期限を先延ばしにしてくることもあります。

しかし、そのような場合でも、専門家である弁護士が代理人として交渉することによって、より有利に解決(より高額の過払い金や早期解決)できる可能性があります。

4、過払い金請求に強い弁護士の探し方・選び方

過払い金請求を弁護士に依頼した場合には、前述した弁護士費用がかかることになるが、「3、弁護士に過払い金請求を依頼した場合のメリットは?」の通り様々なメリットがあるので、見込まれる過払い金が弁護士費用より大きい場合には弁護士への依頼をおすすめします。

もっとも依頼するとしても、過払い金請求に強い弁護士に依頼したいとお考えになるのではないでしょうか。

ここでは過払い金請求に強い弁護士の探し方と選び方についてそれぞれご説明させていただきます。

(1)探し方

過払い金請求に強い弁護士を探す方法としては、以下の方法があります。

①親族・友人経由

まずは、親族・友人経由で弁護士を探す方法があります。

また、仮に親族・友人経由で弁護士を見つけることができたとしても、その弁護士が過払い金請求にあまり強くないということもあります。
そのような場合には、その弁護士の知り合いで過払い金請求に強い弁護士を紹介してもらうのも一つの手です。

②インターネット経由

インターネットを使って、過払い金請求に強い弁護士を探す方法もあります。

・弁護士のポータルサイトで探す方法

「弁護士ドットコム」などのポータルサイトで探す方法もあります。

・GoogleやYahoo!で検索する

GoogleやYahoo!で例えば、「過払い金請求 弁護士」と検索してみよう。場合によっては、お住まいの地域名と掛け合わせても良いでしょう(例えば、「過払い金請求 弁護士 東京」など)。

③弁護士会経由

弁護士会経由で過払い金請求に強い弁護士を探すことも可能です。

(2)選び方

一口に弁護士といっても、扱う分野は様々なので、弁護士全員が過払い金請求に強いわけではありません。
そこで以下では、過払い金請求に強い弁護士を見分けるポイントについてご説明いたします。

①経験・実績

弁護士にもそれぞれに得意分野があり、そこでの経験・実績は大きなポイントです。

最近では専門分野の実績をホームページに掲載している法律事務所も多いです。
過払い金請求を全面に押し出していれば、その事務所は経験や実績を伴っている可能性が高いです。
一方で、単に取扱い案件としているだけであれば、それ程過払い金請求を扱っていない可能性があります。

これら経験・実績がどのくらいあるかは、まずはホームページを確認してみましょう。

②知識

過払い金請求について豊富な知識を有していることは重要です。

もちろん弁護士の多くは、過払い金返還請求についての一般的な知識はあります。
しかし、過払い金返還請求の訴訟では、取引態様や貸金業者によって様々な争点が主張されることが少なくありません。

そのため、過払い金請求について一般的な知識では対応しきれない場合が生じ、場合によっては貸金業者の言いなりに和解することになりかねません。
これでは、実際に発生していた過払い金を全額回収できなくなり、依頼者に非常に不利益です。

そのため、相談の際にしっかりと借入れと返済の経過を聞き取り、場合によっては不利な点があることを指摘してくる弁護士は、十分な知識を持っているでしょう。

③説明の分かりやすさ

実際に弁護士に相談する際には、その弁護士の説明が分かりやすいかどうかをチェックしましょう。
専門用語をそのまま羅列して話すのは法律の素人です。
一般の人を煙に巻くような弁護士では、信頼関係などは築けませんし、丁寧な仕事をしてくれるのか不安になります。

④質問への答え方

また、相談時は、質問への回答もきちんと見るようにしましょう。
弁護士が質問に素早く、そして的確に答えられるのであれば、過払い金請求についての知識や経験の裏付けになります。

⑤交渉力

弁護士の中には、悪意でなくても、依頼者の利益を考えず自分の抱えている事件を少しでも早く解決したいと考えて、過払い金の全額回収を目指さず、貸金業者の言いなりの金額で和解をしようとする弁護士もいます。

もちろん、任意での回収ができない場合には、裁判をして回収することになるため、裁判にかける時間と費用を考えて和解をする方が良い場合もあります。

しかし、依頼者の利益を考えずに安易に和解に応じる弁護士は過払い金請求に強い弁護士とは言えないでしょう。
過払い金請求に強い弁護士ならば、依頼者の利益を考えて、安易に貸金業者の言いなりにはならずに交渉をします。

そのため、依頼するならば、安易に妥協しない、交渉力を持った弁護士が良いでしょう。
相談時にはその弁護士が頼れる雰囲気かどうかを確認しましょう。

5、まとめ

今回は過払い金請求を弁護士に依頼した場合にかかる弁護士費用についてご説明致しましたがいかがだったでしょうか。
今回の話が過払い金請求を弁護士に依頼した場合にかかる弁護士費用について知りたい方の参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Twitter・RSSでもご購読できます。