過払い金請求を弁護士に依頼した場合にかかる弁護士費用について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
shutterstock_293098241

過払い金請求を弁護士に依頼しようとした場合、弁護士費用はどのくらいかかるのでしょうか。

せっかくお金を出して依頼しても、過払い金よりも弁護士費用の方が高くなってしまっては過払い金請求をする意味が薄れてしまいます。

ですので今回は、「弁護士費用」と「弁護士に依頼するメリット」に関してご説明いたします。

両方を知って頂き、ご自身が弁護士に依頼すべきかの判断をしていただきたいです。

1.過払い金請求を弁護士に依頼した場合にはどのような費用がかかる?

(1)弁護士費用

過払い金請求を弁護士に依頼した場合の弁護士費用としては、以下の費用がかかります。

①相談料

弁護士に相談する時に必要になる金銭です。

②着手金

弁護士が依頼を受けた時点で必要になる金銭です。

③基本報酬

業務終了後に必要になる金銭です。

④成功報酬

過払い金を獲得した額によって必要になる金銭です。

⑤減額報酬

過払い金を獲得後も借金が残っている場合、減額できた額によって必要になる金銭です。

(2)実費

上記の弁護士費用以外にも下記の実費が必要です。

①印紙代

裁判をするには、請求する金額に応じて印紙が必要になるため、印紙代がかかります。

②郵券

「郵券=郵便切手」です。
相手に対して書類などを送る時に必要です。

書類は下記です。

  • 訴状
  • 呼出状
  • 判決書

③代表者事項証明書(資格証明書)

会社の登記簿謄本の一種で、会社の商号や代表者の氏名・住所が記載された書面のことです。

裁判の当事者が法人(会社)の場合には、訴状に当該法人の代表者事項証明書を添付する必要があります。

過払い金返還請求訴訟の場合、通常、訴える人は個人だが、相手方は会社になるので、相手方の代表者事項証明書を提出する必要があります。

なお、ここで述べた実費は弁護士に依頼せず、ご本人で請求した場合にもかかる費用です。

2.過払い金請求を弁護士に依頼した場合の弁護士費用と実費の相場は?

(1)弁護士費用

弁護士費用の相場は以下の通りです。

①相談料

30分5000円が相場です。
最近、相談料無料の事務所も増えてきています。

②着手金

業者1社ごとに必要な金銭です。
1社につき約4万円です。

事務所によっては着手金無料の事務所も増えてきています。

③基本報酬

基本報酬は1社ごとに必要な金銭です。
約4万円が相場です。

着手金と基本報酬はどちらか片方が必要です。

④成功報酬

裁判をしない場合は「約20%」です。
裁判をした場合は「約25%」です。

⑤減額報酬

減額できた金額の約10%です。

(2)実費

実費の相場は以下の通りです。

①印紙代

印紙代は過払い金の請求額によって決まります。
印紙代の場合は、「過払い金請求額=訴額」です。

金額の詳細に関しては、下記の裁判所のサイトをご確認ください。
http://www.courts.go.jp/vcms_lf/315004.pdf

②郵券

郵券の金額は裁判所によって異なるので、詳しくは各裁判所に問い合わせてください。

ちなみに、東京地方裁判所は6,400円です。

③代表者事項証明書(資格証明書)

代表者事項証明書の取得に必要な金銭は下記のとおりです。

  • 法務局で直接受け取る場合
  • 1通につき600円必要です。

  • インターネットで請求し郵送で受け取る場合
  • 1通につき500円必要です。
    この500円に郵送代も含まれています。

  • インターネットで請求し法務局で受け取る場合
  • 1通につき480円必要です。

    3.弁護士に過払い金請求を依頼した場合のメリットは?

    下記のメリットがあります。

    (1)時間と手間が省ける

    個人で過払い金請求を行うと、交渉や書類作成などを1人でこなさなければいけないので、非常に大変です。

    ですので、弁護士に依頼すると、すべての作業を代行してもらえるので交渉や書類作成の時間を省くことができます。

    (2)家族に知られずにすむ

    個人で過払い金請求を行うと、取引履歴等の書類は原則としてご自宅に送られてきます。
    ですので、書類が家族の目に触れる可能性が非常に高いと言えます。

    弁護士に依頼すると、弁護士がすべての窓口になるので、基本的に直接連絡が来ることはありません。

    (3)本人が請求するよりも高額の過払い金が期待できたり、早期解決が望めます

    もちろん、過払い金返還請求は自分1人でも行うことが可能です。

    ですが、殆どの場合賃金業者は発生している金額よりも低い金額で交渉してきます。
    他にも、交渉や支払期限を延長してくることがあります。

    ですので、弁護士が代理人として交渉すると賃金業者に対して、有利な条件で解決することが可能です。

    4.過払い金請求に強い弁護士の探し方・選び方

    過払い金請求を弁護士に依頼した場合には、前述した弁護士費用がかかることになるが、「3.弁護士に過払い金請求を依頼した場合のメリットは?」の通り様々なメリットがあるので、見込まれる過払い金が弁護士費用より大きい場合には弁護士への依頼をおすすめします。

    もっとも依頼するとしても、過払い金請求に強い弁護士に依頼したいとお考えになるのではないでしょうか。

    下記では、過払い金請求に強い弁護士の「探し方」と「選び方」に関して、ご説明いたします。

    (1)探し方

    探し方として、下記の方法があります。

    ①親族・友人経由

    昔からある方法として、親族や友人経由で弁護士を探す方法があります。

    また、仮に親族・友人経由で弁護士を見つけることができたとしても、その弁護士が過払い金請求にあまり強くないということもあります。

    ですので、紹介してもらった弁護士に再度、過払い金に強い弁護士を紹介してもらいましょう。

    ②インターネット経由

    インターネットを使って、過払い金請求に強い弁護士を探す方法もあります。

    • 弁護士のポータルサイトで探す方法
    • 「弁護士ドットコム」などのポータルサイトで探す方法もあります。

    • GoogleやYahoo!で検索する
    • GoogleやYahoo!で検索をする時に、例えば「過払い金請求 弁護士」とキーワードを入力して検索してみましょう。

      場合によっては、お住まいの地域名と掛け合わせても良いでしょう(例えば、「過払い金請求 弁護士 東京」など)。

      ③弁護士会経由

      弁護士会経由で過払い金請求に強い弁護士を探すこともできます。

      (2)選び方

      弁護士によっても専門分野は異なります。
      弁護士全員が過払い金請求に強いわけではありません。

      ですので、下記で過払い金請求の分野に強い弁護士の見分け方についてご説明いたします。

      ①経験・実績

      近頃では、インターネットに専門分野の実績を掲載している弁護士事務所も増えてきました。

      実際に経験・実績がどのくらいあるかは、まずはホームページを確認してみましょう。

      ②知識

      過払い金請求について豊富な知識を有していることは重要です。
      もちろん弁護士の多くは、過払い金返還請求についての一般的な知識はあります。

      しかし、過払い金返還請求の訴訟では、取引態様や貸金業者によって様々な争点が主張されることが少なくありません。

      ですので、基本的な知識のみで交渉を行うと、状況によっては対応できない場合がでてしまい結果として依頼者に不利な状況で和解が成立してしまう可能性もあります。

      これでは、実際に発生していた過払い金を全額回収できなくなり、依頼者に非常に不利益です。

      相談者に対してしっかりと現状を聞き、不利な点があった時に指摘してくれる弁護士は十分な知識を持っていると言えます。

      ③説明の分かりやすさ

      実際に弁護士に相談する際には、その弁護士の説明が分かりやすいかどうかをチェックしましょう。

      難しい専門用語ばかり出してくる弁護士では、信頼関係を築くことは難しいですし、丁寧な仕事をしてくれるかわかりません。

      ④質問への答え方

      相談をするときは、弁護士の返答も判断基準になります。
      依頼者の質問に対して、素早く的確に答えられる弁護士を選びましょう。

      ⑤交渉力

      依頼者の利益を考えずに安易に和解に応じる弁護士は過払い金請求に強い弁護士とは言えないでしょう。

      過払い金請求に強い弁護士ならば、依頼者の利益を考えて、安易に貸金業者の言いなりにはならずに交渉をします。

      ですので、弁護士に依頼するときは、簡単に妥協しない、交渉力を持った強い弁護士を選びましょう。

      まとめ

      今回は弁護士費用に関してご説明致しました。
      今回の話が過払い金請求を弁護士に依頼した場合にかかる弁護士費用について知りたい方のご参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Twitter・RSSでもご購読できます。