離婚調停を弁護士に依頼するメリット・デメリットとおすすめ法律事務所5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Team of lawyers in the law library

これを読んで下さっている方の中には、離婚についての協議がまとまらず、最終的に離婚調停をするかもしれないと悩みを抱えている方もいらっしゃいますよね。

離婚調停は必ずしも弁護士に依頼する必要がないので、弁護士に依頼するべきか否かを迷われている方も多くいらっしゃると思われます。

今回は、依頼をすべきか、しないべきかを決めるのに必要になると思う事についてご説明いたします。
離婚調停を弁護士に依頼するか否かを検討されている方の参考になれば幸いです。

目次

1.離婚調停を弁護士に依頼するメリット

下記の4つです。

(1)調停委員に対して有利な印象を与える

調停は、家庭裁判所で行われる「話し合い」です。
しかし、最も大切なのが調停委員に与える「印象」です。
「印象」により結果が左右されます。

そこで、調停委員を味方につけることが重要になります。

また、わざわざ高い弁護士費用を出してまで弁護士に依頼し、調停に弁護士とともに参加することで、「本当に心の底から離婚したいのか」という「印象」を伝えることができ、結果として自分に都合の良い条件を得ることができるかもしれません。

(2)書類作成・準備の手間が省ける

離婚調停をするときには多くの書類を作成しなくてはなりません。
書類として(申立書、紹介回答書、事情説明書)などが必要です。

弁護士に依頼しない場合には、こうした書類を自ら作成しなければならないが、弁護士に依頼すれば全ての書類の作成を任せることができます。

(3)弁護士からのアドバイスを受けられる

弁護士に依頼した場合、法律の専門家である弁護士から、自己の経験をもとに様々なアドバイスを受けることができます。

アドバイスを受けることにより、気持ちが楽になったり調停が自分に都合の良い条件で進められることができるかもしれません。

(4)調停の結果、話がまとまらなかった後にある審判や裁判を自分に都合の良い条件で進められる

調停がまとまらない時は、審判になることが決まっています。
審判で参考資料とされるのが調停で提出した書類と経緯です。
協議の手続きですが、やはり裁判と同様に万全の態勢で臨むことが大切です。

2.離婚調停を弁護士に依頼するデメリット

デメリットは雇うのにかかる金銭面です。
そこで、弁護士費用の相場について、以下で細かく見てみましょう。

(1)相談料

相談料とは、離婚調停を弁護士に依頼する前に、弁護士のアドバイスを受けるためにかかる費用のことです。

最近では、「1時間まで相談無料」という事務所も増えてきているが、相場としては1時間1万円程度と考えて頂ければよいでしょう。

(2)着手金

離婚調停の依頼する時に必要な費用、相場は約40万円で、安価な所だと約20万円です。

(3)報酬金

離婚調停の解決に対してかかる費用で、相場は約40万円になており、安価な所で約20万円です。

(4)その他の費用

費用について詳しくは「弁護士に依頼した方がいい? 離婚調停にかかる費用はどれくらい?」をご参照下さい。

3.離婚調停に強い弁護士の探し方

(1)離婚調停に強い弁護士を見極めるポイント

今日においては、弁護士の数も増加しているので、まずは複数の弁護士に実際に会ってみて比較検討するのがよいと思います。

その際には、以下のポイントをぜひ確認していただきたいです。

  • 会話のやり取りがスムーズにいくなど話しやすいか
  • 法律の意味や内容、解決策に関する説明が分かりやすいか
  • 話をしっかり聞いてくれて、相談者の考えていることを理解しているか
  • 調停時にマイナスな所を言ってくれるか

上記に当てはまる方に依頼するのが良いです。

(2)離婚分野に強い弁護士を探す方法

①周りの方の紹介

聞く順番として、①親族、②友人、③知人に相談してみるのが良いです。
信頼と実績があれば望ましいですし、紹介だと丁重に接してもらいやすいです。

②弁護士会・法テラスに聞いてみる

一般の方が簡単に探すことができるよう、弁護士会や法テラスが弁護士を掲載しています。

日本弁護士連合会
0570-783-110

法テラス
0570-078-374

このように弁護士会や法テラス経由で探す方法もあります。

③インターネットで探す

インターネットで検索をする時に入力するキーワードとして、「離婚 弁護士」で検索をすると弁護士事務所が出てくるので実際にHP(ホームページ)を確認することが良いと思います。

そして、複数の事務所を比較検討する際には、離婚事件を扱った実績などを参考にすると良いです。

また、弁護士のポータルサイトで探すのも手です。「弁護士ドットコム」のような複数の弁護士事務所が掲載されているサイトの中で、離婚を得意としている弁護士で、かつご自宅から近い事務所を選ぶのが良いです。

④タウンページを利用する

タウンページにも様々な弁護士事務所が掲載されているので、上記の方法でご自身に合った弁護士が見つからなかった場合には、ぜひ利用してみると良いでしょう。

4.ホウツウが選ぶ!離婚調停を依頼するならおすすめの法律事務所5選

(1)丸の内ソレイユ法律事務所

スクリーンショット 2015-01-23 07.24.35

トップページURL:http://www.rikon-soleil.jp/

費用ページURL:http://www.rikon-soleil.jp/charge/

拠点数:全国1拠点

(2)ベリーベスト法律事務所

スクリーンショット 2015-01-23 15.52.14

トップページURL:http://www.rikonnsoudan.jp/

費用ページURL:http://www.rikonnsoudan.jp/price/

拠点数:全国14拠点

(3)法律事務所オーセンス

スクリーンショット 2015-01-23 17.36.47

トップページURL:http://rikon.authense.jp/

費用ページURL:http://rikon.authense.jp/fee/

拠点数:全国3拠点

(4)法律事務所アクティブイノベーション

スクリーンショット 2015-01-23 08.37.44

トップページURL:http://rikon-navi.biz/

費用ページURL:http://rikon-navi.biz/benefit/#cost

拠点数:全国1拠点

(5)ホライズンパートナーズ法律事務所

スクリーンショット 2015-01-23 09.02.34

トップページURL:http://www.rikon-juku.net/

費用ページURL:http://www.rikon-juku.net/category/1381038.html

拠点数:全国1拠点

まとめ

今回は、離婚調停を進めるにあたり弁護士に依頼するべきか否かについて、また弁護士の探し方についてもご説明いたしましたがいかがだったでしょうか。離婚調停を自己に有利に進めてもらうにあたり参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Twitter・RSSでもご購読できます。