夫から離婚を切り出された妻が知っておきたい実践的対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Heart, woman, sad.

何気なく結婚生活を送っている中、突然夫から「離婚して欲しい」と言われてしまいました。このような場合、妻はどのように対応したら良いのでしょうか。
おそらく、いきなりのことで動揺や混乱から、真意とは異なった対応をしてしまうこともあるのではないでしょうか。

今回は、夫から離婚を切り出された場合に、妻としてはどのように対応すべきかについて説明していきます。ご参考にしていただければ嬉しいです。

目次

1、夫から離婚を切り出された場合、妻はその要求に応じる必要があるのか?

2、まずは、復縁を試みよう!

3、復縁?それとも離婚?妻にとってどちらが得?

4、離婚を切り出した夫が不倫をしていた場合の対処法

1、夫から離婚を切り出された場合、妻はその要求に応じる必要があるのか?

(1)離婚が認められる場合

夫から離婚を切り出された妻が、合意の上で夫の要求に応じる場合には、離婚が成立することになります。

また、話し合いをしても離婚の合意が得られない場合には、家庭裁判所に調停を申立てた上で(調停前置主義)、裁判を起こす必要があります。

(2)夫の要求に妻は応じる必要があるか?

では、夫から離婚を切り出された場合、妻は離婚に応じる必要があるのでしょうか。これは民法に規定されている離婚原因があるか否かによって結論が異なります。

民法上の離婚原因とは、

①配偶者に不貞行為があった

②配偶者に悪意で遺棄された

③配偶者の生死が3年以上不明

④配偶者が強度の精神病にかかり回復の見込みがない

⑤婚姻を継続しがたい重大な事由

これら5つのうち、⑤だけは抽象的な規定ではあるものの、⑤にあたるか否かについてもある程度予測することは可能です。
例えば、(婚姻期間に比して)長期の別居やDV、モラハラなどがこれに該当し得ます。

このように、夫から離婚を切り出されたとしても妻が離婚を拒否する場合、妻の意思を無視して離婚が成立する場合は、民法所定の離婚原因がある場合に限定されています。
しかも、妻が夫の要求に応じない場合には夫としては裁判を起こす必要があります。したがって、夫から離婚を切り出されたとしても離婚が成立する場合は限られていることになります。

2、まずは、復縁を試みよう!

夫から離婚を切り出されたとしても、離婚をしたくないのであればまずは復縁を試みるのが良いでしょう。

その際、これまで以上に夫とコミュニケーションをとるとともに、離婚について触れない・触れさせないように心掛けることが大事です。

それと同時に、「離婚届不受理申出」をするとよいでしょう。

離婚届不受理申出制度とは、配偶者が勝手に離婚届を提出して離婚してしまうのを防ぐ制度のことです。役所に離婚届不受理申出をしておくと、夫が勝手に離婚届を提出しても離婚届は受理されず、離婚をすることができません。

3、復縁?それとも離婚?妻にとってどちらが得?

妻としてどうしても離婚をしたくないのであれば、「2、まずは、復縁を試みよう!」でも述べたように、復縁を試みるのが良いでしょう。

しかし、これまで以上に夫とコミュニケーションをとったのにもかかわらず、復縁の兆しが見られず、夫の離婚への意思が変わらないようであれば、ある程度交渉した上で早めに離婚した方が金銭的には妻にとって得になるケースが多いです。

なお、夫と交渉する際には弁護士を代理人に立てることをお勧めします。
なぜならば、弁護士を立てることで相手方にこちらの本気度を伝えることができ、また相手方としても真摯な提案を行う可能性が高いからです。

4、離婚を切り出した夫が不倫をしていた場合の対処法

これまでの結婚生活の中で、夫婦仲も特に悪くなかったのにもかかわらず、いきなり夫が離婚を切り出すという場合は夫が不倫をしているケースも少なくないです。
そのような場合、妻はどのように対処すべきでしょうか。

(1)まずは夫の不倫の証拠を集めよう

まずは、夫と離婚するかどうかは別として、夫が不倫をしていることを示す証拠を集めておくことが重要です。

もし、夫と離婚をする場合には、集めた証拠が夫に対して慰謝料を請求する際に必要となります。そして、夫の不倫を裏付ける直接的・具体的な証拠があればより多くの慰謝料を請求することも可能となります。

また、もし夫と離婚しない場合でも、例えば夫の不倫相手の女性にだけ慰謝料請求することも可能です。そのためにも、夫に対して請求する場合と同様に不倫についての証拠が必要となります。

したがって、夫が不倫をしていそうであれば、積極的に証拠収集を行うようにしましょう。

(2)どのような証拠が必要か?

では、不倫の証拠として、どのような証拠を集めたら良いのでしょうか。具体的には以下の通りです。

  • 不倫相手とのやり取りのメールやLINEの画面の画像
  • 二人がラブホテルに出入りしている写真(その他のホテルだと「仕事で会っていた」と言い訳されてしまうので証拠としての価値は相対的に低くなる)
  • 妻とは行っていないラブホテルの領収書

ただし、不倫の証拠を収集する際には、夫を問い詰めるようなことはしない方がいいでしょう。

なぜならば、自分が不倫しているのを感付かれたのではないかと警戒してしまい、これまでのメールのやりとりを消去してしまったり、不倫の証拠を隠滅したりするおそれがあるためです。そのため、夫の不倫の証拠を収集するにあたっては、浮気には気付いていないふりをして普段通りの生活を心掛けると良いでしょう。
もし、本当に夫が不倫をしているのであれば、必ずいつかボロが出て不倫の証拠を発見することができるはずです。

(3)証拠が揃えば慰謝料請求!

夫の不倫の証拠が揃ったならば、夫若しくは不倫相手又は双方に対して慰謝料を請求しましょう。

請求する場合には、

①請求相手との交渉

②(交渉がまとまらなければ)調停や裁判

という流れになります。

なお、慰謝料の金額は不倫の期間や程度に応じて異なりますが、数十万円から200万円程度のことが多いです。

まとめ

今回は、夫から離婚を切り出された場合に妻が知っておくべき方法について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
今回の話が、今後の生活をどのように送るかをご自身で判断する際のご参考にしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Twitter・RSSでもご購読できます。